映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 陸軍落語兵

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和十七年、陸軍東部六十二師営門前の応召兵の中に奇妙な四人組がいた。春風亭柳橋師匠門下の見習落語家秋山、馬場、椎名、田中の四人の補充兵である。しかし、いつまでたっても失敗の連続。そうこうしているうちに戦火は拡大、四人組も中国大陸の前線へと転属された。夜、敵前の斥候にだされた四人は地雷をさけながらヘッピリ腰で前進。明け方、前方に人影を発見、すでに戦う意欲もなく、フンドシを振って降伏してみれば四人を心配した部隊の上官。四人は一晩かかって部隊のまわりをグルグル廻っていただけだった。部隊は、いよいよ八路軍の待ちうける敵前へ。しかし、四人は戦う前に負傷。ころんだ拍子に自分の手榴弾が爆発したのだ。野戦病院に送り込まれたが、回復した四人は召集解除になり、なつかしい日本へ、あこがれの吉原へ。だが師匠の許に帰宅してみると、そこにはまた赤紙が待ちうけていた。



■解説

春風事柳昇の同名の原作から材を得ての風刺喜劇。脚本は「開運旅行」の舟橋和郎。監督は「すっぽん女番長」の弓削太郎。撮影は「ガメラ対深海怪獣ジグラ」の上原明がそれぞれ担当。

  • 1971年10月30日 より

  • 配給:大映
  • 製作国:日本(1971)

■スタッフ

監督 弓削太郎 (ユゲタロウ)
脚本 舟橋和郎 (フナハシカズオ)
原作 春風亭柳昇 (シュンプウテイリュウショウ)
企画 関幸輔
撮影 上原明 (ウエハラアキラ)
美術 後藤岱二郎 (ゴトウタイジロウ)
音楽 池野成
録音 三枝康徐
照明 木村辰五郎 (キムラタツゴロウ)
編集 糸井敬男
助監督 佐々木行夫 (ササキ)
スチル 薫森良民

■キャスト

俳優名 役名
高島忠夫 (Tadao Takashima)  秋山二等兵
桂南笑   馬場二等兵
三夏伸   椎名二等兵
菅野忠彦   田中二等兵
春風亭柳橋 (シュンプウテイリュウキョウ)  柳橋師匠
春風亭柳好 (シュンプウテイリュウコウ)  柳好
杉森麟 (スギモリリン)  部隊長
三遊亭小円馬   部隊副官
早川雄三 (ハヤカワユウゾウ)  荒川中隊長
田武謙三 (タブケンゾウ)  和田小尉
夏木章 (ナツキショウ)  宍戸軍曹
仲村隆   川島軍曹
井上大吾 (イノウエダイゴ)  剣持軍曹
佐川真勝   江川伍長
春風亭柳昇 (シュンプウテイリュウショウ)  小川軍医
若水ヤエ子 (ワカミズヤエコ)  婦長
松坂慶子 (Matsuzaka Keiko)  望月看護婦
中原健 (ナカハラケン)  峯尾上等兵
南堂正樹   黒沢上等兵
中館慎吾   木崎兵長
藤井竜史   浜野上等兵
山根圭一郎   週番上等兵
稲妻竜二 (イナヅマリュウジ)  古兵
津田駿   衛兵司令
荒木康夫 (アラキヤスオ)  下士官
喜多大八 (キタダイハチ)  軍医
河島尚真   衛生兵
中田勉   炊事班長
大泉滉 (オオイズミアキラ) 
中村よし子 (ナカムラヨシコ)  奈美子
笠原玲子 (カサハラレイコ)  飲み屋の女

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!