映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • (秘)セックス恐怖症

    (原題:Sex Phobia)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

新宿署の刑事、伊沢浩介は、産婦人科医院を妻の良子とともに開業している、兄の淳一のところに同居していた。ある日、マリファナ・パーティを手入れした浩介は、著名なイラストレーター、二本柳沢子と知り合った。彼女はその清純なイメージとはうらはらに、その交遊関係は、常にスキャンダラスな話題で賑わっていた。浩介はそんな沢子になぜかひきつけられた。しかし、浩介は沢子と逢瀬を重ねるうちに、彼女のセックスに対する異常なおののきに気が付いた。そして、その恐怖感の原因を探ったが、ついに彼女と関係をもったものは出てこなかった。彼女は処女だったのである。しかし、淳一の診断によって、沢子には肉体的欠陥のないことが判明、心の奥底でなんらかの抑制作用が働いていることがわかった。そして数日後驚愕すべき事実が明らかになった。沢子は、その幼少時代に兄の宏に悪戯されたのだ。やがて昔日の罪を悔いる宏の言葉が次第に遠くなっていった、三ヵ月後、浩介は沢子と結婚した。



■解説

「謝国権「愛」より (秘)性と生活」につづく、性教育シリーズ第二作。脚本は、「やくざ絶唱」の池田一朗、監督は「花札賭博 猪の鹿三番勝負」の鷹森立一、撮影は「不良番長 一獲千金」の飯村雅彦が担当。

  • 1970年8月23日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1970)

■スタッフ

監督 鷹森立一 (タカモリリュウイチ)
脚本 池田一朗 (イケダイチロウ)
企画 扇沢要
撮影 飯村雅彦 (イイムラマサヒコ)
美術 江野慎一
音楽 津島利章 (ツシマトシアキ)
録音 内田陽造 (ウチダヨウゾウ)
照明 銀屋謙蔵 (ギンヤケンゾウ)
編集 田中修
スチール 加藤光男 (カトウミツオ)

■キャスト

俳優名 役名
工藤堅太郎 (クドウケンタロウ)  伊沢浩介
賀川雪絵 (カガワユキエ)  二本柳沢子
小松方正 (コマツホウセイ)  伊沢淳一
八代万智子 (ヤシロマチコ)  伊沢良子
田中邦衛 (Kunie Tanaka)  二本柳宏
集三枝子 (ツドイミエコ)  西条麻子
西岡慶子 (ニシオカケイコ)  宮川安子
御木本伸介 (ミキモトシンスケ)  山川課長
吉田輝雄 (ヨシダテルオ)  林刑事
長沢純 (ナガサワジュン)  阿部一郎
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)  川村哲
楠トシエ (クスノキトシエ)  田村
ジュジュ   ケンちゃん
橘ますみ (タチバナマスミ)  アキオ
小林千枝 (コバヤシチエ)  光子
玉川良一 (タマガワリョウイチ)  マネージャー
左卜全 (ヒダリボクゼン)  中年男
桑原幸子 (クワバラユキコ)  若い女
沢彰謙   その父
伊藤慶子 (イトウケイコ)  その母
曽我町子 (ソガマチコ)  メガネの女
佐藤晟也 (サトウセイヤ)  タクシーの運転手
石井トミコ (イシイトミコ)  主婦弓子
安城由貴 (アンジョウユキ)  主婦冴子
葵三津子 (アオイミツコ)  主婦満江
大泉滉 (オオイズミアキラ)  オカミさん
南利明 (ミナミトシアキ)  カメラマン
残酷ショウ (ザンコクショウ)  タレント

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!