映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 殺し屋人別帳

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

浦波興業会頭・浦波は殺し屋の黒岩と宇野木に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミを介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチーの世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝は竜神一家の木口とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。統一は苦闘する竜神一家に加担し、黒岩の銃弾が黒岩を倒した。すべてが終った時、黒岩の客分鉄が真一に向った。二人の銃口は同時に火を吐き、弾丸は真一の脇腹と鉄の心臓に命中した。正義漢・鉄が勝ちを真一に譲った一瞬であった。



■解説

「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」の石井輝男と掛札昌裕が脚本を共同執筆し、石井が監督した“人別帳シリーズ”第一作。撮影は「日本女侠伝 真赤な度胸花」の古谷伸。

  • 1970年1月31日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1970)

■スタッフ

監督 石井輝男 (Teruo Ishii)
脚本 石井輝男 (Teruo Ishii) 掛札昌裕 (カケフダマサヒロ)
企画 岡田茂 (Shigeru Okada) 天尾完次 (アマオカンジ)
撮影 古谷伸 (Osami Furuya)
美術 矢田精治
音楽 鏑木創
録音 中山茂二 (ナカヤマシゲジ)
照明 長谷川武夫 (ハセガワタケオ)
編集 神田忠男 (カンダタダオ)
スチール 藤本武 (フジモトタケシ)

■キャスト

俳優名 役名
渡瀬恒彦 (Tsunehiko Watase)  流れ者の真一
吉田輝雄 (ヨシダテルオ)  竜神統一
藤田佳子 (フジタヨシコ)  竜神久美
太田ナオミ (オオタナオミ)  ナオミ
小川ローザ (オガワローザ)  ミッチー
賀川雪絵 (カガワユキエ)  左知子
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)  木口
荒木一郎 (Ichiro Araki) 
伊吹吾郎 (Goro Ibuki)  詩郎
神太郎 (ジンタロウ)  和夫
五十嵐義弘 (イガラシヨシヒロ) 
波多野博 (ハタノヒロシ)  松吉
小山田良樹 (オヤマダヨシキ)  光男
葵三津子 (アオイミツコ)  光代
三笠れい子 (ミカサレイコ)  レイ子
尾花ミキ (オバナミキ)  ミキ
英美枝 (ハナブサミエ)  女壷振り美枝
沢彰謙   浦波興業会頭
浪花五郎 (ナニワゴロウ)  門司港一家親分
矢奈木邦二郎 (ヤナギクニジロウ)  小倉組親分
藤川弘 (フジカワヒロシ)  若松組親分
村居京之輔   一文一家親分
那須伸太朗 (ナスシンタロウ)  三沢商事支店長
由利徹 (ユリトオル)  平助
森健太郎 (モリケンタロウ)  浦波興業幹部A
藤本秀夫 (フジモトヒデオ)  浦波興業幹部B
古閑達則   浦波興業幹部C
水島道太郎 (ミズシマミチタロウ)  黒岩剛蔵
千葉敏郎 (チバトシオ) 
奥野保 (オクノタモツ)  黒岩の子分A
山下義明 (ヤマシタヨシアキ)  黒岩の子分B
小池朝雄 (Asao Koike)  字野木
嵐寛寿郎 (アラシカンジュウロウ)  大正琴の寅さん
佐藤允 (Makoto Sato) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!