映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 喧嘩道 けんかみち

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

喧嘩というものは遊びよ、オモロイからやるんじゃという港進高校の星、芥一兵は、アサ子のアパートから三日振りに登校した。校内で女性徒にからんでいる鉄を見つけた一兵は早速助けに行った。幼稚園に逃げ込んだ鉄を追って一兵が遊戯をしている園児たちの輪の中に飛び込むと、頬に猛烈な衝撃を感じた。一兵の頬を殴ったのは藤沢香織という保母で、一兵は彼女に一目惚れその場に立ちつくしてしまう。鉄と化粧を子分にした一兵は、弟子のサブの寝起きしているストリップ小屋の楽屋で、彼らに喧嘩の特訓をしていた。一方、藤沢誠を総番として、横浜を制圧しつつある京浜連合は、一兵の存在が非常に大きな障害であった。京浜連合は鉄の恋人ユキを犯し、サブ、鉄、化粧の三人を徹底的に痛めつけた。とうとう一兵軍団と京浜連合の戦いの日がやってきた。数では劣る一兵軍団だが、巨貫ストリッパー・ブッチャー花子の怪力、鉄、化粧たちの奇策で京浜軍団を追いつめた。しかし、最後にとんでもない悲劇が起こった。誠めがけて振りおろした日本刀の下に最愛の香織が身を投じたのである。完勝した一兵軍団だが、一兵だけはむなしかった。翌日、退学を命じられた一兵は、喧嘩を求めてサブやアサ子の見守る中、「いい日旅立ち」に向かった。



■解説

週刊『平凡パンチ』に連載中の笠太郎の劇画を映画化したもので、主人公の芥一兵の軍団と暴力集団京浜連合との対決を描く。脚本は小野沢稔彦と「新女囚さそり 特殊房X(エックス)」の小平裕の共同執筆、監督も同作の小平裕、撮影は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の中島芳男がそれぞれ担当。

  • 1979年2月24日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1979)

■スタッフ

監督 小平裕 (コヒラユタカ)
脚本 小野沢稔彦 小平裕 (コヒラユタカ)
脚本協力 伊藤裕作 (イトウユウサク)
原作 笠太郎 (リュウタロウ)
企画 古南晴三 中曽根千治 (ナカソネチハル)
撮影 中島芳男
美術 藤田博 (フジタヒロシ)
音楽 小山恭弘
録音 岡村昭治 (オカムラ)
照明 萩原猶義
編集 戸田健夫 (トダタケオ)
製作進行 小島吉弘
助監督 森光正 (モリミツマサ)
スチール 加藤光男 (カトウミツオ)

■キャスト

俳優名 役名
小田島章 (オダジマアキラ)  芥一兵
青都潤吾   藤沢誠
舟倉たまき (フナクラタマキ)  藤沢香織
常田富士男 (トキタフジオ)  芥厳造
あき竹城 (アキタケジョウ)  芥琴江
細谷泉 (ホソヤイズミ)  芥ユキエ
みずのこうさく   サブ
石井茂樹 (イシイシゲキ)  佐倉鉄
我修院達也 (ガシュウインタツヤ)  化粧
伊佐山ひろ子 (イサヤマヒロコ)  アサ子
かわいのどか   ブッチャー花子
飯田裕美 (イイダユミ)  ユキ
乱孝寿 (ランコウジュ)  老ストリッパー
森祐介 (モリユウスケ)  机狂四郎
田畑富雄   森日吉丸
西良典 (ニシヨシノリ)  永倉
新井英煕 (アライヒデキ)  原田
大蔵晶 (オオクラアキラ)  有賀
福岡康裕 (フクオカヤスヒロ)  松下
田口和政 (タグチカズマサ)  東芝
小松陽太郎 (コマツヨウタロウ)  日立
青野敏行   早川
幸英二 (ユキエイジ)  京浜連合学ランA
青木敏夫 (アオキトシオ)  京浜連合学ランB
野道美生   京浜連合学ランC
舟久保信之 (フナクボノブユキ)  京浜連合学ランD
高月忠 (タカツキチュウ)  親衛隊員A
桐原信介 (キリハラシンスケ)  親衛隊員B
永原浩二   親衛隊員C
勝野賢三 (カツノケンゾウ)  親衛隊員D
城春樹   学ラン集団
大泉公孝   空手柔道着集団
章文栄 (ショウブンエイ)  キャバレーの女達
渋谷正行 (シブヤマサユキ)  桂木
汐路章 (Akira Shioji)  石屋神父
室田日出男 (ムロタヒデオ)  阿呆陀羅坊主

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!