映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • オリオンの殺意より 情事の方程式

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

敏彦の父・浩三は、宝石商を営み、財力で人を抑えこもうとする保守的なエゴイストであった。それゆえに敏彦の母・燎子も、浩三の横暴さに耐えられず離婚する。それ以来敏彦は浩三に反感をもった。やがて浩三は、若く美しい麻子を後妻に迎える。敏彦は麻子へ思慕の情を抱きながら、浩三ヘの復讐の機会をうかがう。敏彦は麻子が時々、黙って外出する事に不信を抱き、彼女を尾行した。そして、麻子が昔の恋人の北畠とモーテルで密会していることを突きとめる。数日後、麻子が日記を盗み読んでいることを知った敏彦は、日記を利用して彼女を操り、浩三を殺させようとするのだった。敏彦が浩三を殺すと綴られた日記を読んだ麻子は、北畠を呼びだし、浩三を殺すように頼む。翌朝、浩三の死体が発見され、北見と麻子は逮補された。そんな二人を見つめながら、敏彦は復讐を遂げた喜びをかみしめるのだった。



■解説

財力で人を抑えこもうとする保守的なエゴイストの父を殺そうとする若者の姿を描く、勝目梓原作小説の映画化。脚本は「順子わななく」のいどあきお、監督はこの作品でデビューした根岸吉太郎、撮影は「さすらいの恋人 眩暈(めまい)」の森勝がそれぞれ担当。

  • 1978年6月3日 より

  • 配給:にっかつ
  • 製作国:日本(1978)

■スタッフ

監督 根岸吉太郎 (Kichitaro Negishi)
脚本 いどあきお (イドアキオ)
原作 勝目梓 (カツメアズサ)
企画 成田尚哉 (ナリタナオヤ)
製作 岡田裕 (Yutaka Okada)
制作補 山本勉 (ヤマモトツトム)
撮影 森勝 (モリマサル)
美術 菊川芳江 (キクカワヨシエ)
音楽 浅岡典史
録音 橋本文雄 (ハシモトフミオ)
照明 田島武志
編集 鈴木晄 (スズキアキラ)
助監督 上垣保朗 (ウエガキヤスロウ)
スチール 目黒祐司 (メグロユウジ)

■キャスト

俳優名 役名
山口美也子 (ヤマグチミヤコ)  須藤麻子
加納省吾 (カノウショウゴ)  須藤敏彦
戸浦六宏 (Rokuhiro Toura)  須藤浩三
亜湖 (アコ)  飯野紋子
吉川哲唱   北畠甲二
根岸明美 (ネギシアケミ)  常島燎子
松風敏勝   田辺
影山英俊 (カゲヤマヒデトシ)  若い男
高橋明 (タカハシアキラ)  萩原宏二
木島一郎 (キジマイチロウ)  刑事

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!