映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 地上最強のカラテ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1975年11月1日、東京都体育館で「第一回・オープントーナメント全世界空手道選手権大会」が開催された。極真会館館長・大山倍達の半生にわたる悲願が、遂に実現したのだ。“型”のみを重視する他流の空手試合。大山は、実戦に即したいわゆる“喧嘩空手”こそが真の空手道に通じる、それは確固たる大山の信念だった。参加三十六ヵ国、選手百二十余名。日本選手が破れ、外国選手がチャンピオンの栄光を手にしたら、腹を切らねばならん、と大山は秘かに決意を固めていた。外国勢の優勝候補と目されている強豪はアメリカの四選手、ウィリアム・オリバー、チャールス・マーティン、ウイリー・ウイリアムス、フランク・クラークの極真空手二段の面々である。迎え撃つ日本勢は、佐藤勝昭四段、廬山初男三段、佐藤俊和三段、東谷功三段、大石代悟三段、東孝三段、岸信行四段、二宮城光四段のエリートたちである。この晴れの日まで、参加選手は、それぞれの故国の地で、人間の限界を越えると思われるほどの過酷なトレーニングを積み重ねて来た。午前10時30分。各国選手団の入場行進が始った。大会ルール説明が終るとつづいて、代表選手による極真空手の迫真的な技の数々が披露された。「真剣白刃どり」「瓦割り」「氷割り」等々、それは人間業とは思われぬ練達の秘技である。真剣試合が開始された。二宮選手のダイナミックな蹴り技、モエンタイ(キックボクシング)のバネ、オリバー選手の華麗な動き、巨漢のUSAチャンピオン、マーティンの大技、東谷選手の電光石火の左右回し蹴り……等々の名勝負が展開したが、決勝戦に駒を進めたのは、日本の佐藤勝昭、廬山初男の二人であった。両者の熾烈な試合は、延長戦にもつれ込んだ末、判定により佐藤選手が、史上初の世界チャンピオンの座についたのだった。



■解説

東京で開催された「第一回空手道選手権大会」をメインに、世界各国選手たちの修行ぶりの生の姿を撮ったドキュメント作品。監督は「逆縁三つ盃」の野村孝と新人・後藤秀司。

  • 1976年5月22日 より

  • 配給:松竹=富士映画
  • 製作国:日本(1976)

■スタッフ

監督 野村孝 (ノムラタカシ) 後藤秀司 (ゴトウシュウジ)
監修 大山倍達 (オオヤママスタツ)
製作 梶原一騎 (Ikki Kajiwara) 川野泰彦 (カワノヤスヒコ)
撮影 木村公明 (キムラコウメイ)
音楽 日高馨輔 (ヒダカケイスケ)
録音 瀬川徹夫 (セガワテツオ)
照明 横井健一 (ヨコイケンイチ)
編集 白江隆夫

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!