映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 大人と子供のあいの子だい

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

平井明夫は下町の中学三年生だ。父親の国造は小さな工場の工員、母親のマサは内職、姉の加代はやはり工員をしている。国造は毎日酒ばかり飲み、競輪、競馬にうつつをぬかしていた。明夫の学校で、生徒会の役員選挙があった。明夫は友人から推されて立候補し、役員に選ばれた。親友の杉下京一が喜んで家へ誘った。その晩、京一の家で明夫は楽しくすごした。京一は明夫に坂口智佐子が好きなんだろうと言った。国造の働いている工場がつぶれた。加代も無理がたたって病気になり、療養所へ入った。が、明夫はいじけなかった。高校入試模擬テストは全国でも優秀な成績をとった。昼間働いて夜間の高校へ入るつもりで一生懸命勉強した。担任教師の田口先生と京一の父親の洋介が相談した結果、明夫を京一の家に預って勉強させようということになった。二人ははげましあって勉強し、見事合格した。姉の加代がいる療養所へ駈けつけた。しかし、加代は明夫に、自分のことばり考えて家のことを考えないエゴイストだと叫んだ。明夫は働くことにした。駅前で売店を手伝っている智佐子に会った彼は、臆することもなく、肩をあげて改札口を入っていった。その夜の日記には、「俺は未来に希望をもつ。どんなことがあって負けるもんか」と書いてあった。



■解説

中学生・渡辺照男君の日記の映画化で、岩田重利と米山彊が脚色し、「警察日記 ブタ箱は満員」の若杉光夫が監督した。撮影も「警察日記 ブタ箱は満員」の井上莞。

  • 1961年7月15日 より

  • 配給:日活
  • 製作国:日本(1961)

■スタッフ

監督 若杉光夫 (ワカスギミツオ)
脚色 岩田重利 (イワタシゲトシ) 米山彊 (ヨネヤマツヨシ)
原作 渡辺照男 (ワタナベテルオ)
企画 大塚和 (オオツカカノ)
撮影 井上莞 (イノウエカン)
美術 岡田戸夢 (オカダトム)
音楽 林光 (ハヤシヒカリ)
録音 丸山国衛 (マルヤマクニエ)
編集 青山一郎 (アオヤマイチロウ)
スチール 寺本正一 (テラモトショウイチ)

■キャスト

俳優名 役名
浜田光夫 (Mitsuo Hamada)  平井明夫
武智豊子 (Toyoko Takeche)  祖母タケ
松下達夫 (マツシタタツオ)  父国造
小夜福子 (サヨフクコ)  母マサ
高田敏江 (タカダトシエ)  姉加代
木浪茂   弟武
斎藤洋子 (サイトウヨウコ)  妹弓子
鈴木寿雄   杉下京一
宇野重吉 (Jukichi Uno)  父洋介
佐々木すみ江 (ササキスミエ)  母文子
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)  田口先生
梅野泰靖 (ウメノヤスキヨ)  加代の恋人藤本
鶴丸睦彦 (ツルマルムツヒコ)  工場主田中
日野道夫 (ヒノミチオ)  工員A
大滝秀治 (Hideji Otaki)  工員B
重盛輝江 (シゲモリテルエ)  お内儀さんA
佐川明子 (サガワアキコ)  お内儀さんB
潮京以子 (ウシオケイコ潮ケイ子)  女子寮寮長
小泉郁之助 (コイズミイクノスケ)  牛乳屋の親爺
三船好重 (ミフネヨシエ)  新聞屋のお内儀さん
白井鋭   田口先生の同僚A
渡辺隆一   生徒大井
坂下登 (サカシタノボル)  生徒石田
奥山淳一 (オクヤマジュンイチ)  生徒高畑
北村公敏   生徒来栖
星紀一 (ホシ)  生徒小島
島田金二郎 (シマダキンジロウ)  生徒原
吉岡恵子 (ヨシオカケイコ)  女生徒A
松永環 (マツナガタマキ)  女生徒B
島田蓉子 (シマダヨウコ)  女生徒C
松原智恵子 (Matsubara Chieko)  坂口智佐子
尾崎真一 (オザキシンイチ)  乾物屋

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!