映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 極悪坊主 念仏三段斬り

    (原題:The Priest Killer Comes Back)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

数年ぶりに故郷の直方に足を向けた真海は旅中の賭場で、幼友達竹五郎と再会した。が、竹五郎はイカサマを働き、彼を助けるべく身体まで張った真海の好意をふみにじり、真海を親分の仇と狙う鯉沢一家の三人と直方の権田原一家に草鞋をぬいだ。直方にやってきた真海は川人足をめぐって、竜王一家と権田原一家が勢力を争い、そのため町ぐるみ苦しめられていることを知った。町のためにと真海は竜王一家の親分虎蔵に肩入れし、権田原に手を引かせるよう行動。しかし、黒田一家の女親分はつの仲裁で、虎蔵、権田源は互に協力し、川人足の保証をしぶしぶ約束。だが、面白くない二人は手を組み、邪魔な真海を殺そうと企んだ。権田原に命じられた竹五郎は伊之助らとともに、ダイナマイトを炸裂させ、真海を襲った。死闘の末眼をつぶされた真海だがその気力に伊之助たちは逃げ、竹五郎も母親のぶが真海に恩があることを知り、今までの行為を詫びた。さらに追手から逃がれた真海の前に、彼の一生の好敵手了達が勝負を挑むが、盲目の真海に気付くと、逆に追手を倒し立ち去るのだった。数日後、回復した真海は竜王と権田原の子分どもにお礼参り、一方竹五郎は竜王に単身殴り込むが返り討ち。復讐の念に燃えた真海の金剛杖は権田源と虎蔵に襲いかかった。



■解説

「現代任侠道 兄弟分」の村尾昭と「五人の賞金稼ぎ」の高田宏治が脚本を共同執筆し「女親分 喧嘩渡世」の原田隆司が監督した極悪坊主シリーズ第四作。撮影は「賞金稼ぎ」の山岸長樹が担当した。

  • 1970年2月21日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1970)

■スタッフ

監督 原田隆司 (ハラダタカシ)
脚本 村尾昭 (ムラオアキラ) 高田宏治 (タカダコウジ)
企画 俊藤浩滋 (Koji Shundo) 松平乗道 (マツダイラノリミチ)
撮影 山岸長樹
美術 吉村晟 (ヨシムラアキラ)
音楽 津島利章 (ツシマトシアキ)
録音 東城絹児郎 (トウジョウケンジロウ)
照明 井上孝二 (イノウエコウジ)
編集 堀池幸三
スチール 中山健司 (ナカヤマケンジ)

■キャスト

俳優名 役名
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)  真海
菅原文太 (Bunta Sugawara)  了達
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)  会津竹五郎
城野ゆき (ジョウノユキ)  結城信乃
浪花千栄子 (ナニワチエコ)  黒田はつ
北村英三 (キタムラエイゾウ)  竜王虎蔵
遠藤辰雄 (エンドウタツオ)  権田原巌
三上真一郎 (ミカミシンイチロウ)  菊川秀次
三島ゆり子 (ミシマユリコ)  白葉
南風夕子 (ミナカゼユウコ)  小糸
浦辺粂子 (ウラベクメコ)  のぶ
南利明 (ミナミトシアキ)  小西吉右衛門
長谷川弘 (ハセガワヒロシ)  新谷与太八
三枝由佳   お熊
広瀬義宣 (ヒロセヨシノブ)  デブ長
寺内文夫 (テラウチフミオ)  電報辰
守田学哉   伊豆伝吉
丘路千   後藤金太郎
志賀勝 (シガマサル)  ハッパ松
楠本健二 (クスモトケンジ)  谷草平
鈴木金哉   猪戸五郎
川谷拓三 (カワタニタクゾウ)  千松
小田部通麿 (オタベミチマロ)  鯉沼利八郎
有川正治 (アリカワマサハル)  八車伊之助
佐藤京一 (サトウキョウイチ)  水原保蔵
池田謙治 (イケダケンジ)  植村甚吉
中村錦司 (ナカムラキンジ)  入船留三
小田真士 (オダシンジ)  久六
秋山勝俊 (アキヤマカツトシ)  酒場の客

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!