映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ビー・バップ・ハイスクール(1985)

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

私立愛徳高校は、四、五年前まで県下でも有数の進学校だったが、生徒数の減少を補うために、学力の低い生徒も入学させたので、今ではレベルは下がる一方。その学園の中でも、ひときわ目立っているのが加藤浩志と中間徹のツッパリコンビ。春、二人は留年が決定、二年生をくり返すことになった。彼らは一級下だった全校生徒のあこがれのまと、泉今日子と同じクラスになり、揃ってアタックを開始する。そして、浩史と徹の前に、舎弟分になりたいと言ってきた兼子信雄や、転校生の横浜銀一、赤城山忠治が集まり、にぎやかな毎日を送る。そんな頃、入学したての大前均太郎が、たった一週間で一年生全部を力で制圧、浩史と徹がだぶったことも知らずに、二年生をもその勢力下におこうとする。だが、結局、均太郎も舎弟の仲間入りをした。浩史と徹は、敵対する立花商業の菊氷や、少年課の刑事、鬼島らとデッドヒートをくり返しながら、合間には今日子に気に入られようとサッカーの試合に出場。ある日、二人が悪名高き戸塚水産高校の生徒と喧嘩をしたことから、今日子が彼らに殴られるという事件が起きた。それがもとで今日子は転校。そのことをツッパリの順子から知らされた浩史と徹達は、戸塚水産高校に殴り込みをかける。乱闘の末、彼らは戸塚の親玉、ヘビ次、ネコ次こと中村竜雄、虎雄兄弟を倒した。今日子から、浩史と徹に手紙が来た。



■解説

二人の男子高校生のツッパリの学園生活と恋を描く。きうちかずひろ原作の同名漫画の映画化で、脚本は「早春物語」の那須真知子、監督は「ヴァージンなんか怖くない」の那須博之、撮影は「(金)(ビ)の金魂巻」の森勝がそれぞれ担当。主題歌は、中山美穂(「Be Bop High School」)。

  • 1985年12月14日 より

  • 配給:東映=東映セントラルフィルム
  • 製作国:日本(1985)

■スタッフ

監督 那須博之 (ナスヒロユキ)
脚本 那須真知子 (ナスマチコ)
原作 きうちかずひろ (Kazuhiro Kiuchi)
企画 長谷川安弘 (Yasuhiro Hasegawa)
プロデューサー 黒澤満 (クロサワミツル) 紫垣達郎
撮影 森勝 (モリマサル)
美術 大嶋修一 (オオシマシュウイチ)
音楽 渡辺博也 (ワタナベヒロヤ)
音楽プロデューサー 高桑忠男 石川光 (イシカワコウ)
主題曲 中山美穂 (Nakayama Miho)
録音 橋本文雄 (ハシモトフミオ)
照明 野口素胖
編集 山田真司 (ヤマダシンジ)
助監督 鹿島勤 (カシマツトム)
スチール 久井田誠

■キャスト

俳優名 役名
清水宏次朗 (シミズコウジロウ)  加藤浩志
仲村トオル (Toru Nakamura)  中間徹
中山美穂 (Nakayama Miho)  泉今日子
宮崎萬純 (ミヤザキマスミ)  三原山順子
一色彩子 (イッシキサイコ)  兼子晶子
岩本多代 (イワモトマスヨ)  泉圭子
地井武男 (Takeo Chii)  鬼島
阿藤快 (アトウカイ)  馬場
原泉 (ハラセン)  中間はな
草薙幸二郎 (クサナギコウジロウ)  山本
本間優二 (ホンマユウジ)  黒木
木村健吾 (キムラケンゴ)  浅田
小沢仁志 (Hitoshi Ozawa)  中村竜雄
田中春男 (タナカハルオ)  補聴器の老人
小鹿番 (Ban Kojika)  泉義雄
石井トミコ (イシイトミコ)  内職のおばさん
増田順司 (マスダジュンジ)  順子の祖父
森一馬 (モリカズマ)  ミノル
古川勉 (フルカワ)  兼子信雄
鎌田伸一   大前均太郎
瀬山修   前川新吾
石井博泰   菊永
神谷潤 (カミヤジュン)  土井新平
八巻保幸   横浜銀一
小林啓志 (コバヤシケイジ)  赤城山忠治
木下秀樹 (キノシタヒデキ)  中村虎雄
土岐光明   江藤
松田幸児   山守純次
富士原恭平   伊藤
SALLY   バンド

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!