映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • フライング 飛翔

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

全日本モーターボート選手権(ダービー)の最終日、ベテラン荒尾は新人で最年少の能登とのデッドヒートの末はじき飛ばされてしまった。幼くして両親と別れたマリは、高校卒業後は叔父・荒尾と同じ競艇選手を目指していた。4月にマリは適性検査に合格し、第63期訓練生となった。入所式の翌日から厳しい訓練が始まった。一年間、朝6時から夜9時半まで、実技はもちろんみっちり競艇のすべてを教えこまれる。ある日マリは訓練所で初めて能登の姿を見付け、叔父の仇敵というより恋に近い感情を抱いた。その後、叔母・朱実の店で二人は再会。マリは能登に誘われてドライブへ出かけた。夏休みが終わり訓練も本格的になったころ、マリは事故を起こして同期生の裕子に怪我をさせてしまう。マリがようやくショックから立ち直ったころ、今度は能登が自動車事故で急死という試練がふりかかった。マリは必死に耐えて練習に打ち込み、いよいよ女性レーサーとしてデビュー。圧倒的な強さで各地のレースを勝ち進んでいった。だが、裕子の再起不能を耳にしたマリは動揺してフライングを犯してしまう。一ヶ月間出場停止となったマリは訓練所で裕子と再会。再び競艇選手にチャレンジする姿に胸を打たれた。そして、マリもいよいよ全日本選手権に出場。叔父も果たせなかったダービーでの優勝を遂げたのだった。



■解説

モーターボート選手志望の少女の青春を描く。脚本・監督は「不倫(1986)」(監督のみ)の曽根中生、撮影は「半熟マドンナ おいしい太股」の伊藤昭裕がそれぞれ担当。

  • 1988年5月14日 より

  • 配給:東映・東映クラシックフィルム
  • 製作国:日本(1988)

■スタッフ

監督 曾根中生 (Chusei Sone)
レース場面監督 横山やすし (ヨコヤマヤスシ)
脚本 曾根中生 (Chusei Sone)
企画 横山やすし (ヨコヤマヤスシ)
製作 横山やすし (ヨコヤマヤスシ) 岩城正司 村上元一
プロデューサー 村上元一 斉藤富夫 (サイトウトミオ)
撮影 伊藤昭裕 (イトウアキヒロ)
美術 今保太郎 (イマヤスタロウ)
音楽 小田啓義
主題歌 ジョー山中 (Joe Yamanaka)
録音 米山英明 (ヨネヤマヒデアキ)
照明 金沢正夫 (カナザワマサオ)
編集 西東清明 (サイトウキヨアキ)
助監督 伊藤一男 (イトウカズオ)
スチール 加藤光男 (カトウミツオ)
製作協力 日本船舶振興会 全国モーターボート競争会連合会 全国モーターボート競争施行者協議会 日本モーターボート選手会 全国競艇施設所有者協議会

■キャスト

俳優名 役名
黒木永子 (クロキエイコ)  伏木マリ
高橋和也 (Kazuya Takahashi)  能登一佳
原田芳雄 (Yoshio Harada)  荒尾和久
阿木燿子 (アキヨウコ)  荒尾朱実
鹿内孝 (シカウチタカシ)  谷本初男
安岡力也 (Rikiya Yasuoka)  呑龍
桑名正博 (クワナマサヒロ)  西山記者
高城富士美   宮川裕子
中川雅世 (ナカガワマサヨ)  後藤麻子
桑田和美 (クワタカズミ)  中馬敦子
服部利佳子 (ハットリリカコ)  明野洋子
山口晴代 (ヤマグチハルヨ)  橋本幸子
樽谷歌子 (タルヤウタコ)  須田加代子
庄司京子 (ショウジキョウコ)  金井えり
渡嘉敷勝男 (トカシキカツオ)  石黒修
藤田佳乃美   清水奈緒美
美加里   田辺井清美
須賀良 (スガリョウ)  野々村教官
北公次 (キタコウジ)  予想屋
荒勢 (アラセ)  山崎剛
あき竹城 (アキタケジョウ)  飲み屋の女
佐藤充郎   社長
山本昌平 (ヤマモトショウヘイ)  加茂清
ジョー山中 (Joe Yamanaka)  マリの父親
横山やすし (ヨコヤマヤスシ)  横山やすし
笹川良一 (ササガワリョウイチ)  連合会会長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!