映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • イタズ 熊

    (原題:The Forest of the Little Bear)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

銀蔵は「一発銀蔵」と異名をとるほどの鉄砲射ちの名人だが、酒癖の悪さと気性の激しさから傷害事件を起こし、監獄に放り込まれていた。彼が10年ぶりに、戦死した息子の嫁キミと孫の一平の待つ秋田県阿仁村の我が家へ戻って来たのは昭和3年のこと。そんな時「片耳」と呼ばれる人喰い熊が村を襲った。マタギ(狩人)の誇りにかけて銀蔵が射とめたが、それは掟で殺してはいけないとされている子持ちの母熊だった。1年後、子熊のゴン太は銀蔵の家ですくすくと成長していた。母を奪ったせめてもの罪ほろぼしのつもりだった。一平はゴン太が可愛くてしょうがなく、いつも一緒に過ごしていたが、ゴン太のいたずらはエスカレートするばかり。田畑や鶏小屋まで荒すようになり、銀蔵は自然の中に帰す決意をした。一平は別れを哀しんだが、銀蔵と共にゴン太を目隠しし篭に入れて山奥へと連れて行った。それから1年。鉱山の技師長たちが山へ猟に出たとき、突然巨熊が現われた。人間を恐れず近づいてくるのは成長したゴン太たった。技師長たちは銃を乱射し、頭部に傷を負わしてしまう。やがて、冬が訪れる頃、村は巨熊に襲われ死者も出、キミも大怪我をした。喧嘩をし留置場に入れられていた銀蔵が、巨熊を仕留めるという条件で釈放された。翌朝、銀蔵は山へ入った。標的がゴン太だと知る彼は、どこかへ行ってしまえと心の中で叫んでいた。雪景色の中、銀蔵は銃をひきゴン太は倒れた。突然、響きわたった銃声に雪崩が起こり銀蔵をのみこんだ。数年後、彼の墓前に佇む一平とキミの姿があった。



■解説

老マタギと少年とイタズ(熊)の出会いを基に生命の大切さを描く。脚本は「結婚案内ミステリー」の小野竜之助、監督は原作も執筆した「マタギ」の後藤俊夫、撮影は同作の山崎尭也がそれぞれ担当。

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1987)

■スタッフ

監督 後藤俊夫 (ゴトウトシオ)
監修 戸川幸夫 (トガワユキオ)
脚本 小野竜之助 (オノリュウノスケ)
原作 後藤俊夫 (ゴトウトシオ)
製作 矢部恒
プロデューサー 桑山和之 (クワヤマカズユキ)
撮影 山崎尭也 (ヤマザキタカヤ)
美術 春木章 (ハルキアキラ)
音楽 佐藤勝 (Masaru Sato)
主題歌 イルカ
録音 本田孜 (ホンダツトム)
照明 栗木原毅 (アワキハラツヨシ)
編集 鍋島惇 (ナベシマジュン)
助監督 山下竜次郎 (ヤマシタリュウジロウ)
スチール 山本耕二

■キャスト

俳優名 役名
田村高廣 (Takahiro Tamura)  岩田銀蔵
桜田淳子 (Jyunko Sakurada)  岩田キミ
宮田浩史   岩田一平
小島三児 (コジマサンジ)  橋本常治
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)  野村げん
草薙幸二郎 (クサナギコウジロウ)  山本(地主)
樋浦勉 (ヒウラベン)  大林
長谷川弘 (ハセガワヒロシ)  佐野
由利徹 (ユリトオル)  越智平作
矢口高雄 (ヤグチタカオ)  警察署長
相馬剛三 (ソウマゴウゾウ)  雪橇の馭者
堀永子 (ホリエイコ)  茶屋女将
吉原正皓 (ヨシハラマサヒロ)  用心棒A
長沢義典 (ナガサワヨシノリ)  用心棒B
江幡高志 (エバタタカシ)  抗夫A
中田博久 (ナカタヒロヒサ)  抗夫B
佐藤B作 (Sato Bisaku)  田代栄治
マテス・ゲオーク   鉱山技師長
辰巳柳太郎 (タツミリュウタロウ)  高原

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!