映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 恐怖のヤッチャン

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ある新興学園都市。ちょっと気弱な井上鉄、カッコマンの田中春樹、陽気な小山明夫の三人は、近所の小学生とジリオン(光線銃)を片手に興じる高校生トリオだ。この平和な街に突如出現したぬいぐるみ劇団。善良な市民は何の疑念もなく歓待するが、彼らは街のコミュニティーセンターの部屋の貸借契約を結ぶやいなや、ヤッちゃん軍団に大変身し、同センター内のCAテレビを占拠した。ひよこ一匹=一万円、たこ焼き一パック=五千円と次々にヤッちゃんの餌食になる住民たち。その頃、鉄は転校生の陣内くるみに一目惚れし、愛の告白をした。だが、くるみが陣内組組長のひとり娘と知り、恐怖心におびえる。一方、陣内組はひと儲けしようと一口三万円の「組員町民合同懇親旅行」を企画した。鉄たちの担任、さち子先生も誘拐さながら連れてゆかれ、宴会で無理矢理酒を飲まされるが、ヤッちゃん相手に大タンカを切り、挙句の果てに鉄たちをヤッちゃん事務所に従弟に出してしまう。正続任侠道の講義に親分のふんどし締め、組事務所の清掃、仁義の切り方伝授とやわな三人の悲惨な修行が始まった。そんな時、強大なヤクザ組織、任侠会がやって来た。実は戦い破れて任侠会のシマに勝手に入り込んだ陣内組に制裁の手を伸ばしてきたのだ。任侠会の跡目・橋場はくるみを嫁に欲しいと言い出す。「あんな変態いやよ」と鉄にすがりつくくるみは駆け落ちを持ちかける。決意を固めた鉄はジリオンを手に、ヤッちゃんファッションで身を固めて橋場に勝負してくれと任侠会が詰める陣内組に出向いた。鉄のジリオンを本モノと勘違いした彼らは大騒ぎ、陣内組VS任侠会の抗争が始まった。鉄は乱闘の末、橋場を倒す。翌日、さち子先生と結婚するという組幹部、大河内を残して街を出て行く陣内組。それを見送る鉄は発車した電車めがけて追いかけるが、ホームには、ひとり残ったくるみの姿があった。



■解説

やくざたちと青少年の抗争の日々をコメディータッチに描く。原作はニッポン放送「三宅裕司のヤングバラグイス」の中の「あなたも体験! 恐怖のヤッちゃん」を採録した単行本『恐怖のヤッちやん』。脚本は「BE・FREE!」の一色伸幸、監督は「みんなあげちゃう(1985)」の金子修介、撮影は「大奥十八景」の北坂清がそれぞれ担当。

  • 1987年7月4日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1987)

■スタッフ

監督 金子修介 (カネコシュウスケ)
脚本 一色伸幸 (イッシキノブユキ)
企画 佐藤雅夫 (Masao Sato)
企画協力 ニッポン放送「三宅裕司のヤングパラダイス」 アミューズ・シネマ・シティ
プロデューサー 豊島泉 (トヨシマイズミ) 厨子稔雄
撮影 北坂清 (キタサカキヨシ)
美術 佐野義和 (サノヨシカズ)
音楽 梅林茂 (Shigeru Umebayashi)
主題歌 土田由美 (ツチダユミ)
録音 芝氏章
照明 安藤清人 (アンドウキヨト)
編集 玉木濬夫 (タマキエイフ)
助監督 比嘉一郎 (Ichiro Hika)
スチール 中山健司 (ナカヤマケンジ)
製作協力 サンダンス・カンパニー

■キャスト

俳優名 役名
山本陽一   井上鉄
松田洋治 (マツダヨウジ)  小山明夫
南渕一輝 (ミナブチカズキ)  田中春樹
土田由美 (ツチダユミ)  陣内くるみ
三宅裕司 (Yuji Miyake)  ゴミやくざ
小倉久寛 (オグラヒサヒロ)  卑屈な床屋
佐藤忠志 (サトウタダシ)  エレベーターやくざ
ベンガル (Bengaru)  スーパーの店長
米山善吉 (ヨネヤマゼンキチ)  マコト
三波豊和 (ミナミトヨカズ)  中真田
宮本悦郎 (ミヤモトエツロウ)  井上久
嘉門達夫 (カモンタツオ)  ご町内歌手
原田大二郎 (ハラダダイジロウ)  大河内
室田日出男 (ムロタヒデオ)  陣内千太郎
渡辺典子 (Watanabe Noriko)  服部さち子
堀健一 (ホリケンイチ)  タグマ
石坂嘉英 (イシザカヨシヒデ)  織田
吉武宏幸 (ヨシタケヒロユキ)  飛車角
いぐち武士 (イグチタケシ)  吉良常
床井照男   アラシ
棚橋俊之 (タナハシトシユキ)  任侠乱
中根優能   任侠暴
西村知彦 (ニシムラトモヒコ)  任侠狂
加山鉱平 (カヤマコウヘイ)  橋場
永田博康 (ナガタヒロヤス)  マウス

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!