映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 微熱少年

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1965年夏、高校生の島本健は仲間の浅井、能勢、加藤とバンドを組みドラムを担当している。だが、彼は当時隆盛であったフォークやグループサウンズの音には満足できなかった。バンドの仲間とキャンプへ行った湘南の海で、健はミュージシャンの吉田、彼のフィアンセだという優子と知り合う。秋、優子と再会した健はどちらともなく肌を重ねた。吉田がプロとしてデビューすることになり、能勢がベースマンとして加わった。また、加藤はレーサーになると言いだし、バンドは自然解散となる。自分たちの方向が見い出せずにいる健と浅井は、音楽事務のバイトで美少女エリーと出逢う。健は浅井に抜け駆けしてデートを重ねた。冬、健たちはスキー場の山小屋で久しぶりに演奏をした。健と一緒に来たエリーを散歩に誘う吉田。優子は吉田からプロデビューの障害となるので別れてくれと言われたと健に告げる。泣き出した優子の肩を抱く健の姿をエリーが見つめていた。春、健とエリーは吉田たちのデビューコンサートに駆けつけた。周囲の目をひくエリーに、プロデューサー、カメラマンが声をかけてくる。そんな時、ビートルズか来日するというニュースが届いた。入手困難なチケットを手に入れると健はエリーに約束する。エリーは健に黙ってモデルの仕事を始め、頭角を現わし始めた。彼女が自分と別の世界へ行ってしまうという不安が健を包み込む。優子と健の関係を知った吉田は、健に東京タワーにリボンを結んだら、ビートルズのチケットを2枚譲ると言いだした。この危険でバカバカしい賭けに健は賭けた。また、闇に浮かんだ巨大なリボンは、吉田の優子に対する想いだった。1966年6月30日、日本武道館は熱気で包まれている。入口で来ぬエリーを待つ健。暫くし健はひとりで歩き始めた。



■解説

1960年後半を背景に、音楽に熱を入れる少年の青春を描く。自ら監督する松本隆の同名私小説の映画化で、脚本は「それから」の筒井ともみ、撮影は「子猫物語」の藤井秀男がそれぞれ担当。

  • 1987年6月13日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1987)

■スタッフ

監督 松本隆 (マツモトタカシ)
脚本 筒井ともみ (ツツイトモミ)
原作 松本隆 (マツモトタカシ)
製作 堀威夫
プロデューサー 金森美弥子 (カナモリミヤコ)
撮影 藤井秀男 (フジイヒデオ)
美術監督 漆畑銑治
美術 国府田俊男
音楽 松本隆 (マツモトタカシ)
主題歌 レベッカ
録音 瀬川徹子 (セガワテツコ)
照明 蝶谷幸士
編集 山地早智子
アソシエイト・プロデューサー 元持昌之 (モトモチマサユキ)
助監督 鯉渕優
製作協力 黒井和男 (Kazuo Kuroi)
スチール 成田聖佳

■キャスト

俳優名 役名
斉藤隆治 (サイトウリュウジ)  島本健
西山由美 (ニシヤマユミ)  エリー
広田恵子 (ヒロタケイコ)  優子
関口誠人 (セキグチマコト)  吉田
広石武彦 (ヒロイシタケヒコ)  浅井
長畠善次 (ナガハタヨシツグ)  能勢
宮城宗典 (ミヤギムネノリ)  加藤
森山良子 (モリヤマリョウコ)  健の母
吉田拓郎 (ヨシダタクロウ)  カメラマン
財津和夫 (ザイツカズオ)  広告代理店プロデューサー
細野晴臣 (ホソノハルオミ)  都電の車掌

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!