映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • あなただけグッドナイト あゝ伝次郎

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

プレイボーイをきどる独身中年男・大河内伝次郎は中古車再生販売会社を経営する、自称社長である。ある日、仕事で地方へ出た彼は、いま風に翔んでるロック歌手志望のベニーこと朝霧紅子と出会った。伝次郎に送られて東京のアパートに帰って来たベニーは、留守中に他の女を部屋に連れ込んでいた同棲相手の男・健に腹を立て、そのまま伝次郎のマンションについてきてしまう。だが、伝次郎はベニーの底抜けな無邪気さに手がだせない。そんな彼を、行きつけの安食堂の烏賊親父がひやかすのだった。新種のミニカーを、馴染みの客である芸者・玉奴のもとへ届けに行った伝次郎は、次の日、車の代金をもらいに、玉奴ともども彼女のパトロンで通称ハマトラこと浜栗寅吉のもとへ足を運ぶ。ハマトラは次期市長を狙って選挙戦のまっ最中で、多額の金をエサに伝次郎を巻き込んでしまった。伝次郎はベニーと仲間のバンドの連中をかつぎ出し、“政治とロックのスペシャルナイト”と銘うった大コンサートを開催。選挙ばなれした若者の票を大量に得たハマトラは、晴れて大勝した。しかし、伝次郎とベニーはハマトラの裏切りで一銭もとれず、一時は気を落とすが、互いに力を合わせてお金を稼いでいこうと気勢をあげるのだった。やがてベニーは、伝次郎の優しい想いにぬくもりを感じ始めていく。その日から、二人のアットホームな生活が始まった。プレイボーイの伝次郎が真剣に結婚を考えた。ベニーに九州のライブハウスで歌う話が持ち込まれた。一年たったらきっと帰ってくるというベニー。しかし、伝次郎はもう二度とベニーが帰ることはないと確心していた。別れの朝がやって来た。伝次郎は駅までベニーを送るが、別れ際、到着した電車から降りて来る大群衆に巻き込まれて彼女を見失う。伝次郎は遠去かる電車に寂しく手を振った。その時、彼を呼ぶベニーの声がした。彼女は電車に乗らなかったのだ。二人は肩を寄せ合い、幸せそうに駅を去って行った。



■解説

一風変わった中年男と若い女性の愛を描く。この作品は83年に製作された「あゝ伝次郎」を改題して再構成した。監督は、この作品の脚本も執筆した「夏の別れ」の井上眞介、撮影は「チーちゃんごめんね」の鈴木耕一が担当。

  • 1985年3月2日 より

  • 配給:イーグルズ・カンパニー
  • 製作国:日本(1985)

■スタッフ

監督 井上眞介 (イノウエシンスケ)
脚本 井上眞介 (イノウエシンスケ)
原案 愛川欽也 (Kinya Aikawa)
企画 愛川欽也 (Kinya Aikawa)
製作 比留間利行 (ヒルマトシユキ)
プロデューサー 飯田康之 (イイダヤスユキ) 原孝夫 (ハラタカオ) 三品英和 (ミシナヒデカズ)
撮影 鈴木耕一 (スズキコウイチ)
美術 竹内公一 (タケウチコウイチ)
音楽 のだ純 (ノダジュン) 山崎信英 (ヤマザキノブヒデ)
主題歌 来生たかお (キスギタカオ)
録音 神保小四郎
照明 小中健二郎 (コナカケンジロウ)
編集 宮澤誠一 (ミヤザワセイイチ)
助監督 丸久夫
スチール 盛岡養一郎

■キャスト

俳優名 役名
愛川欽也 (Kinya Aikawa)  大河内伝次郎
服部真湖 (ハットリマコ)  朝霧紅子
倉崎青児 (クラサキセイジ)  正太
井川大輔 (イガワダイスケ)  バーボンの健
深水三章 (Sansho Shinsui)  権田原
児島美ゆき (コジマミユキ)  健の女
三波豊和 (ミナミトヨカズ)  旅行代理店の営業員
森山周一郎 (モリヤマシュウイチロウ)  春美の情夫
関敬六 (セキケイロク)  板垣忠助
池波志乃 (イケナミシノ)  春美ママ
丹古母鬼馬二 (タンコボキバジ)  風呂帰りの男
青空球児 (アオゾラキュウジ)  酔っぱらいその1
青空好児 (アオゾラコウジ)  酔っぱらいその2
飯塚文雄 (イイヅカフミオ)  駅員
三崎奈美 (ミサキナミ)  トルコ嬢
木藤隆雄 (キトウタカオ)  有線テレビのレポーター
塚たんくろう (ツカタンクロウ)  ニッポン放送のアナウンサー
常田富士男 (トキタフジオ)  烏賊親父
萩尾みどり (ハギオミドリ)  芸者・玉奴
小松方正 (コマツホウセイ)  浜栗寅吉

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!