映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ダイアモンドは傷つかない

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

予備校の中年講師の三村に弓子は秘かに瞳れていた。ひょんなことから親しく話をする機会があり、薄汚れた駅前の食堂で三村は「男には、自分の傘に女を入れてやりたい奴と、自分が女の傘に入りたい奴と二通りある。俺は入れて貰うほうだ」と弓子に話した。その夜、二人は酔いつぶれて三村の愛人の和子の部屋へ行った。弓子は和子に対して批判的な言葉を投げつけたが、三村に関る人がすべて傷ついていて、傷つきながらもそれぞれの愛を終らせようとはしていないことを知った。三村の家庭は妻の真知子が数年来ノイローゼで、表面的にはうまくいっているように見えたが、虚構の家だった。弓子は志望校の早稲田大学に合格し、三村から高価な家具や指輪をプレゼントされた。50年たったら結婚しようという三村の言葉を理解しようとしながらも、彼を愛したことから始まった行場のない淋しさに疲れ始めていた。ある日弓子は、一人旅から帰って来た和子と会っている三村にばったり会い、なごやかそうな二人の姿を見て動揺してしまう。妻の真知子に電話を入れる三村を、弓子は力なく見ているだけだった。そして、「もう大人のふりはおしまい。秩序正しい大人の世界を崩してしまいました」と三村に別れを告げた。



■解説

二十歳の女子大生と、酒と女のために予備校をかけ持ちする中年の講師との奇妙な同棲生活と別れを描く。早稲田文学賞を受賞した三石由起子の同名小説の映画化。脚本は「マノン」の田中晶子、監督は「スローなブギにしてくれ」の藤田敏八、撮影は「さらば愛しき大地」の田村正毅がそれぞれ担当。

  • 1982年5月15日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1982)

■スタッフ

監督 藤田敏八 (Toshiya Fujita)
脚本 田中晶子
原作 三石由起子
企画 吉田達 (ヨシダトオル) 岡田裕 (Yutaka Okada) 残間里江子 (ザンマリエコ)
プロデューサー 佐藤和之 (サトウカズユキ)
撮影 たむらまさき (Masaki Tamura)
美術 桑名忠之 (クワナタダユキ)
音楽 井上尭之 (イノウエタカユキ)
録音 柿沼紀彦 (カキヌマノリヒコ)
照明 梅谷茂
編集 西東清明 (サイトウキヨアキ)
助監督 田中雄二 (タナカユウジ) 高橋芳郎 (タカハシヨシロウ)
スチール 加藤光男 (カトウミツオ)

■キャスト

俳優名 役名
田中美佐子 (Tanaka Misako)  越屋弓子
山崎努 (Tsutomu Yamazaki)  三村一郎
加賀まりこ (Kaga Mariko)  牧村和子
朝丘雪路 (アサオカユキジ)  三村真知子
石田えり (Eri_Ishida)  三村弥衣
趙方豪 (チョウバンホウ)  猫宮善三
北詰友樹 (キタヅメユウキ)  矢追哲
新井康弘 (アライヤスヒロ)  若い男
近藤宏 (コンドウヒロシ)  岸里
金沢靖 (カナザワヤスシ)  馬場
金田明夫 (Akio Kaneda)  岡本
登石雋一   八木
小坂一也 (Kazuya Kosaka)  中山修司
伊藤幸子 (イトウコウコ)  中山よう子
木下裕子   朋子
吉田淳 (ヨシダジュン)  高橋
家田京子 (イエダキョウコ)  直子
大林宣彦 (Nobuhiko Obayashi)  披露宴司会者
高瀬春奈 (タカセハルナ)  披露宴スピーチ嬢
小野進也 (オノシンヤ)  家具屋店員
名代杏子 (ナシロキョウコ)  女店員
津山栄一 (ツヤマエイイチ)  ボーイ
高月忠 (タカツキチュウ)  タクシー運転手
泉福之助 (イズミフクノスケ)  タクシー運転手
山本緑 (ヤマモトミドリ)  仲居
村松美枝子 (ムラマツミエコ)  受験生の母親
村田光広 (ムラタミツヒロ)  ゼミの生徒
谷田貝光一 (ヤタガイコウイチ)  ゼミの生徒
篠原久季   ゼミの生徒
広中雅志 (ヒロナカマサシ)  ゼミの生徒
新井信彦 (アライノブヒコ)  ゼミの生徒
南沢一郎 (ミナミザワイチロウ)  ゼミの生徒

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!