映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 愛欲生活 夜よ、濡らして

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

友絵は新宿を中心に客をとる売春婦だ。先輩の和江より美人の友絵に客は集まる。友絵は、かつてガソリン・スタンドで働いており、同僚の青野と交際していた。二人でドライブに出たとき、三人組に友絵は強姦され、青野はその場から逃げだした。そこへ、今のヒモの篠田がやってきて、彼女をなぐさめた。強姦され、すてばちとなった彼女はそのままズルズルと娼婦になった。篠田や和江のヒモの柿沼は狙った素人の女に接近、あらゆる手段で娼婦に仕立てた。友絵の強姦事件も篠田が仕組んだのだ。友絵はいくらで自分が買われているのか知らない。篠田から生活に困らない金を貰っているだけだ。将来はバーを二人で開こうという篠田だが、友絵の稼いだ金は、ギャンブルでスッてしまう。さらに、篠田のツケで、タダで変態男の客を抱かされたりもする。ある日、客に青野がついた。戻って来るようにと説得する彼を、「早くしてよ」と友絵は無視する。しかし、篠田の横暴に将来を絶望した友絵は、青野のアパートを訪ねた。そこには、昔スタンドで一緒に働いていた実子がおり、「あんた売春婦なんだってね」と部屋に入れてくれない。夜の街を彷徨う友絵に行く所はない。結局、篠田の部屋に戻った友絵は、そこにいた彼の仲間の安本に「あんな男でも役に立ちたい」と細く呟いた。そんな彼女に、安本は、篠田がヤクザとモメ事を起し殺されたことを告げる。友絵はグッタリと放心するのだった。



■解説

夜の東京を舞台に、娼婦たちとそのヒモとの生活を描く。脚本は「団鬼六 花嫁人形」のいどあきお監督は「宇能鴻一郎の開いて写して」の西村昭五郎、撮影は「制服体験トリオ わたし熟れごろ」の山崎善弘がそれぞれ担当。

  • 1981年7月10日 より

  • 配給:にっかつ
  • 製作国:日本(1981)

■スタッフ

監督 西村昭五郎 (ニシムラショウゴロウ)
脚本 いどあきお (イドアキオ)
企画 進藤貴美男 (シンドウキミオ)
プロデューサー 成田尚哉 (ナリタナオヤ)
制作補 三浦増博 (ミウラマスヒロ)
撮影 山崎善弘 (ヤマザキヨシヒロ)
美術 渡辺平八郎 (ワタナベヘイハチロウ)
音楽 甲斐八郎 (カイハチロウ)
録音 信岡実 (ノブオカミノル)
照明 田島武志
編集 西村豊治
助監督 堀内靖博 (ホリウチヤスヒロ)
スチール 井本俊康

■キャスト

俳優名 役名
風祭ゆき (カザマツリユキ)  仁科友絵
中田譲治 (ナカダジョウジ)  篠田竜夫
麻吹淳子 (マブキジュンコ)  丸西和江
太田あや子 (オオタアヤコ)  高森シノブ
萩尾なおみ (ハギオナオミ)  西尾実子
丹古母鬼馬二 (タンコボキバジ)  安本銀二
明石勤 (アカシツトム)  青野二郎
清水国雄 (シミズクニオ)  柿沼
磨のぼる   若い男A
鈴木信之 (スズキノブユキ)  若い男B
新井新一 (アライシンイチ)  若い男C
谷口芳彰   ヤクザ風の男
桐山栄寿 (キリヤマ)  サラリーマン風の男A
団巌 (ダンイワオ)  高級ホテルの男A
吉原正皓 (ヨシハラマサヒロ)  ラブホテルの男A
岩手太郎 (イワテタロウ)  ラブホテルの男B

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!