映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ヒア・マイ・ソング

    (原題:Hear My Song)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

イギリス、リヴァプールのミュージック・ホール“ハートリーズ”の若きプロモーター、ミッキー・オニール(エイドリアン・ダンバー)は、金儲けのためには手段を選ばないお調子者で無責任な男。大家に立ち退きを迫られるが、今度のリサイタルは、50年代の幻の名オペラ歌手ジョゼフ・ロック(ネッド・ビーティ)。彼は脱税容疑で逃亡中の身で、リサイタルは、“ミスター・X”(ウィリアム・フトキンス)という名だが、町は大騒ぎとなっていた。ミッキーは、恋人ナンシー(タラ・フィッツジェラルド)の母キャスリーン(シャーリー・アン・フィールド)がロックの恋人だったことを知る。リサイタル当日、楽屋へ尋ねて来たジム・アボット警察署長(デイヴィッド・マッカラム)は、ミスター・Xがニセ者だと言う。翌日、店は閉店し、ミッキーは1度にすべてを失った。彼は本物のロックを捜すため、故郷アイルランドに向かう。友人フィンタンと偶然ロックを見つけ話をするが、ロックはミッキーを税金取りだと思い込んでいた。ロックにすべての事情をミッキーが話すと、彼の顔色が変わった。ロックは今もキャスリーンを愛していたのだ。イギリスに着き、ミスター・Xと対面したロックは、今までのことを笑って許す。警官が取り囲む中でコンサートの幕が開く。数曲歌ったロックは、舞台装置と見せかけた風船で脱出を企て、警察はそれを追うが、実は乗っていたのは入れ替ったミスター・Xだった。ロックとミッキーは、会場の人々とともに風船を見送るのだった。



■解説

脱税で逃亡中の往年の人気オペラ歌手を復活させようと奮闘する若いプロモーターの姿を、ハート・ウォーミングなタッチで描くコメディ。監督・脚本は本作が長編第1作となるピーター・チェルソム、製作はアリソン・オーウェン・アレン、共同脚本は主演のエイドリアン・ダンバー、撮影はスー・ギブソン、音楽はジョン・アルトマンが担当。

  • 1992年12月19日 より

  • 配給:ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
  • 製作国:イギリス(1991)

■スタッフ

監督 ピーター・チェルソム (Peter Chelsom)
脚本 ピーター・チェルソム (Peter Chelsom) エイドリアン・ダンバー (Adrian Dunbar)
製作 アリソン・オーウェン・アレン (Alison Owen Allen)
撮影 スー・ギブソン (Sue Gibson)
美術 キャロライン・ハナニア (Caroline Hanania)
音楽 ジョン・アルトマン (John Altman)
編集 マーティン・ウォルシュ (Martin Walsh)
衣装デザイン リンディ・へミング (Lindy Hemming)
字幕 武満真樹 (Maki Takemitsu)

■キャスト

俳優名 役名
ネッド・ビーティ (Ned Beatty)  Josef_Locke
エイドリアン・ダンバー (Adrian Dunbar)  Micky_O'neill
シャーリー・アン・フィールド (Shirley Anne Field)  Cathleen_Doyle
タラ・フィッツジェラルド (Tara Fitzgerald)  Nancy_Doyle
ウィリアム・フトキンス (William Hootkins)  Mr. X
デイヴィッド・マッカラム (David McCallum)  Jim_Abbott

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!