映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 家族狂想曲

    (原題:Daddy's Dyin'Who's Got the Will)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

それぞれ違う道を歩いて来たターンオーヴァー家の4人の姉弟、ラーリーン(エイミー・ライト)、サラ・リー(テス・ハーパー)、エヴァリータ(ビヴァリー・ダンジェロ)、オーヴィル(ボー・ブリッジス)は、父親の病状悪化の知らせを聞いて、久しぶりにわが家に集まった。だが、厳格な祖母を驚かせたのは姉弟の誰1人として再会を喜ぶものはなく、あげくに遺産の配分を気にする始末。父親に遺書のありかを聞くことは不可能だった。そんなとげとげしい一家の雰囲気を救ったのは、奔放なエヴァリータの恋人ハーモニーだったが、退屈な家を飛び出したエヴァリータは次の朝まで帰らなかった。落ち込むハーモニーを慰めたのは、オーヴィルに冷たくされている妻のマーリーンで、2人はそれから急に親しくなり、ついには家を出てしまう。一方、父親が危篤になり姉弟たちはたまっていた不満から、喧嘩を始めた。そしてオーヴィルは、なりふり構わず遺書を探し始める。ついに父親が死に、葬式め日を迎えた。1度はバラバラになってしまった姉弟たちだが、祖母のひくピアノの前に1人2人と集まり、やがて1つになって賛美歌を合唱するのだった。



■解説

アメリカ・テキサス州のある旧家を舞台に、父親の遺言をめぐって繰り広げられる姉弟の騒動を通し家族のつながりを描いたホーム・ドラマ。。エグゼクティヴ・プロデューサーはボビー・エドリック、デル・ショアーズ、マイケル・クーン、ナイジェル・シンクレア、製作はシガージョン・サイヴァットソン、スティーヴ・ゴリン、モンティ・モンゴメリー、監督はジャック・フイスク、原作・脚本はデル・ショアーズ、撮影はボール・エリオット、音楽はデイヴィッド・マクヒューが担当。出演はボー・ブリッジス、ビヴァリー・ダンジェロほか。

  • 1991年1月12日 より

  • 配給:KUZUIエンタープライズ
  • 製作国:アメリカ(1990)

■スタッフ

監督 ジャック・フィスク (Jack Fisk)
脚本 デル・ショアーズ (Del Shores)
原作 デル・ショアーズ (Del Shores)
製作総指揮 ボビー・エドリック (Bobbie Edrick) デル・ショアーズ (Del Shores) マイケル・カーン (Michael Kuhn) ナイジェル・シンクレア (Nigel Sinclair)
製作 シガージョン・サイヴァットソン (Sigurjon Sighvatsson) スティーヴ・ゴリン (Steve Golin) モンティ・モンゴメリー (Monty Montgomery)
撮影 ポール・エリオット (Paul Elliott)
音楽 デイヴィッド・マクヒュー (David McHugh)
編集 エドワード・A・ワーシルカ・ジュニア (Edward A. Warschilka Jr.)
字幕 柴田京子 (Kyoko Shibata)

■キャスト

俳優名 役名
ボー・ブリッジス (Beau Bridges)  Orville
ビヴァリー・ダンジェロ (Beverly D'Angelo)  Evalita
テス・ハーパー (Tess Harper)  Sala_Lee
ジャッジ・ラインホルド (Judge Reinhold)  Harmony
エイミー・ライト (Amy Wright)  Lurlene
Patrika Darbol (Patrika Darbol)  Marlene
Molly McClure (Molly McClure)  Mama_Wheelis

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!