映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • おしゃれスパイ危機連発

    (原題:Caprice)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

フェルミナ化粧品会社の産業スパイ、パトリシア(ドリス・デイ)は自社の製品の製法を商売敵のメイ・フォーチュン会社に売ろうとして捕まってしまった。失業したパトリシアがパリからニューヨークへ帰るとき、クリストファ(リチャード・ハリス)を伴ったメイ・フォーチュン社のカッター社長に逢い改めて彼女はスパイとして雇われた。ニューヨークに着いた夜、パトリシアはクリストファに誘われるままに彼のアパートへ行くと麻酔をかけられ、フェルミナ社の製品の製法を聞かれた。だが、パトリシアもさるもので、早速メイ・フォーチュン社の秘密をさぐり出しにかかった。秘密というのは最近フェルミナ社が作ったヘア・スプレーの製法で、水をはじくという特質をもっていた。これはメイ・フォーチュン社のお抱え学者クランシーが調製していた。パトリシアの行動をさぐっていたクリストファは、パトリシアが、本名をフリッパ・ファウラーといい、国際警察官で麻薬密売の捜査中だった彼女の父が、スイスへ行ったとき、何者かのために殺されたという事実を知った。やがてパトリシアはモデル嬢スーのアパートで手に入れた新ヘア・スプレーがスイス製であることを発見した。この時パトリシアはクランシーがたいへんなスイスびいきであることを知り、思いあたることがあってスイスに飛んだ。そこでマダム・ピアスコの化粧品店でフェルミナ社の香水噴霧器と同じものを発見した。クランシーはマダムの娘婿であり、フェルミナ社の化粧品の製法はすべてマダムがあみだしたのであった。ある日パトリシアがスキーに行くと、突如黒づくめのスキーヤーに襲われ、危ういところをクリストファに助けられた。やがてパトリシアはクリストファの協力を得て、麻薬密売団の秘密を探り、父を殺した犯人をつきとめ、見事撲滅した。



■解説

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

  • 1967年6月23日 より

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ(1967)

■スタッフ

監督 フランク・タシュリン (Frank Tashlin)
脚本 ジェイ・ジェイソン (Jay Jayson) フランク・タシュリン (Frank Tashlin)
原作 Martin Hale (Martin Hale) ジェイ・ジェイソン (Jay Jayson)
製作 アーロン・ローゼンバーグ (Aaron Rosenberg) マーティン・メルチャー (Martin Melcher)
撮影 レオン・シャムロイ (Leon Shamroy)
音楽 フランク・デヴォール (Frank De Vol)

■キャスト

俳優名 役名
ドリス・デイ (Doris Day)  Patricia_Fowler
リチャード・ハリス (Richard Harris)  Christopher_White
レイ・ウォルストン (Ray Walston)  Stuat_Clancy
ジャック・クラシェン (Jack Kruschen)  Matthew_Cutter
エドワード・マルヘア (Edward Mulhare)  Sir_Jason_Fox
リリア・スカラ (Lilia Skala)  Madame_Piasco
イレーネ・ツ (Irene Tsu)  Su_Ling
モーリス・マルサック (Maurice Marsac)  Auber

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!