映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 反撥

    (原題:Repulsion)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

キャロル(カトリーヌ・ドヌーヴ)は姉のヘレン(イヴォンヌ・フルノー)とアパート暮しをしている。姉にはマイケルという恋人があり、毎日のようにアパートに連れて来て泊め、神経質で潔癖なキャロルに嫌悪感を抱かせた。キャロルにもコリンという恋人があったが、接吻されただけで身の毛がよだつ。アパートに帰って口をすすがずにいられない。なぜだろう。ある日姉たちは旅行に出かけた。一人残されたキャロルは勤め先でも男の話だけしか聞けない。一人ではアパートの冷蔵庫の食べ物さえ口にしたくないのだ。そしてある晩、男に犯される夢を見た。不思議にもそれを肌身に感じたのである。店も休むようになり、ぼんやり部屋で過すようになった。部屋の壁が大きく裂けたり、粘土のようにやわらかくなるのも彼女の幻覚なのか事実なのかわからない。そんな時、コリンが訪ねて来た。なかば狂っているキャロルにとって、男はただ嫌悪の対象でしかない。彼を殺し浴槽に沈めた。部屋が大きく歪んで見えたりする。夜になるとまた「男」が忍びこんでくる。家主が家賃をとりに来た。家主はネグリジェ一枚で放心したようなキャロルに欲望を感じて迫る。彼女を抱きしめたとき、キャロルはマイケルの残していた剃刀で滅茶苦茶に切りつけ、彼さえ殺した。完全に狂った。それから幾日か。旅行から帰った姉とマイケルは二つの死体と、生ける屍になったキャロルを見出したのだった。



■解説

ジェラール・ブラッシュの協力を得て「水の中のナイフ」のロマン・ポランスキーがシナリオを執筆、自ら監督した心理ドラマ。撮影は「博士の異常な愛情」のギルバート・テイラー、音楽はチコ・ハミルトンが担当した。出演は、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「女ともだち(1956)」のイヴォンヌ・フルノー、他にイアン・ヘンドリー、ジョン・フレーザー、バトリック・ワイマークほか。

  • 1965年8月18日 より

  • 配給:東和
  • 製作国:イギリス(1965)

■スタッフ

監督 ロマン・ポランスキー (Roman Polanski)
脚本 ロマン・ポランスキー (Roman Polanski) ジェラール・ブラッシュ (Gerard Brach)
製作 ジーン・グトウスキー (Gene Gutowski)
撮影 ギルバート・テイラー (Gilbert Taylor)
音楽 チコ・ハミルトン (Chico Hamilton)

■キャスト

俳優名 役名
カトリーヌ・ドヌーヴ (Catherine Deneuve)  Carol
イヴォンヌ・フルノー (Yvonne Furneaux)  Helen
イアン・ヘンドリー (Ian Hendry)  Michael
ジョン・フレーザー (John Fraser)  Colin
パトリック・ワイマーク (Patrick Wymark)  The Landlord
ヘレン・フレイザー (Helen Fraser)  Bridget
ヴァレリー・テイラー (Valerie Taylor)  Madame Denise

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!