映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • カムイの剣

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大きな時代の転換期を迎えようとしていた幕末。母姉殺しの罪を着せられていた次郎は、旅僧・天海に助けられ、仇と目される太郎左を倒す。その後、天海の下で忍びの修行をうけ、数年後ツノピリカ・コタンへとおもむいた次郎は、そこの長老より本当の母オヤルルの存在と、真の父は太郎左であると知らされる。オヤルルはすぐに毒殺され、天海への復讐に燃える次郎。彼の昔より持つ短剣・カムイの剣がキャプテン・キッドの財宝を解く鍵と老学者・安藤昌山より教えられ、宝の有りかはアメリカと知る。そして、天海の追手に昌山は倒れ、次郎は追手の一人・お雪と共にカリフォルニア号に乗り込んだ。敵同志士のはずが互いに恋心をいだく次郎とお雪だが、ちょっとしたトラブルで黒人奴隷サムと共にカムチャッカで下船させられてしまう。大雪原をべドロパブロフスクへ進むが、又も天海一行の追撃ではなればなれになる三人。−−時がたち、アメリカに渡った次郎は、インディアン娘・チコ(実はフランス人)を助け、街で新聞記者マーク・トウェインより目的地サンタカタリナ島の場所を聞き出し、ついに目的地にたどり着く。そして莫大な宝をみつける。が、またしても現われた天海とさし違えて死んだお雪が実の姉とは。哀しみと怒りにふるえる次郎は、やがて帰国した。そしてまだ生きていた仇・天海を伊賀の頭領の助けをかりて倒す。すべてが終り、箱館の戦の中、西郷隆盛との出会いもつかの間、次郎は白狼と共に霧の中へ風のように消えていった。時代は明治となる−−。



■解説

キャプテン・キッドの財宝をめぐる冒険時代活劇アニメ。原作は矢野徹の同名小説、脚本は「幻魔大戦」の真崎守、監督も同作のりんたろうがそれぞれ担当。

  • 1985年3月9日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1985)

■スタッフ

監督 りんたろう
脚本 真崎守 (マサキモリ)
原作 矢野徹 (ヤノトオル)
製作 角川春樹 (Haruki Kadokawa)
プロデューサー 丸山正雄 (Masao Maruyama) 池上悟 (イケガミサトル) りんたろう
制作 プロジェクトチーム・アルゴス マッドハウス
キャラクター・デザイン 村野守美 (ムラノモリミ)
作画監督 野田卓雄 (ノダタクオ)
撮影監督 八巻磐 (Iwao Yamaki)
美術監督 椋尾篁 (ムクオタカムラ)
設定 丸山正雄 (Masao Maruyama)
美術 男鹿和雄 (オジカカズオ) 窪田忠雄 (クボタタダオ)
音楽監督 宇崎竜童 (ウザキリュウドウ) 林英哲 (Eitetsu Hayashi)
主題歌 渡辺典子 (Watanabe Noriko)
録音 辻井一郎 (ツジイイチロウ)
効果 佐々木英世 (ササキヒデヨ)
音響プロデューサー 明田川進
編集 田中修
助監督 石崎すすむ (イシザキススム) 楠美直子 (クスミナオコ)
原画 清山滋崇 松原京子 (マツバラキョウコ) 大橋学 (オオハシマナブ) なかむらたかし 川尻善昭 (Yoshiaki Kawajiri)
出演(声) 真田広之 (Hiroyuki Sanada) 小山茉美 (コヤママミ) 石田弦太郎 (イシダゲンタロウ) 山本百合子 (ヤマモトユリコ) 堀江美都子 (ホリエミツコ) 羽佐間道夫 (ハザマミチオ) 池田昌子 (Shoko Ikeda) 朝井良江 (アサイヨシエ) 鈴木富子 (スズキトミコ) 塩沢兼人 (シオザワカネト) 外山高士 (トヤマタカシ) 青野武 (Takeshi Aono) 天草四郎 (アマクサシロウ) 杉元直樹 (スギモトナオキ) 永井一郎 (Ichiro Nagai) 曽我部和恭 (ソガベカズユキ) 江幡高志 (エバタタカシ) 家弓家正 (カユミイエマサ) 村松康雄 (ムラマツヤスオ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!