映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 水の話

    (原題:Une Histoire d'Eau)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。



■解説

洪水に見舞われた町からなんとかパリにたどり着こうと悪戦苦闘する女の子の姿を、サイレント喜劇タッチで描いた短編。サイレント期の監督マック・セネットに捧げられている。前年に映画製作プロダクション・レ・フィルム・キャロッスを設立したフランソワ・トリュフォーが即興的にキャメラを回した未完のフィルムをジャン・リュック・ゴダールが編集、ゴダールの提案で2人の共同監督作品(唯一の)として発表したもの。製作はピエール・ブロンベルジェ、撮影はミシェル・ラトゥーシュが担当。主演はカロリーヌ・ディムと、ゴダールの「女は女である」などにも出演したジャン・クロード・ブリアリ。日本公開に当たり、短編オムニバス企画「水の話 プチ・シネマ・バザール」(全5編)の1編として上映された。

  • 1994年3月19日 より

  • 配給:新日本映画社(アミューズビデオ=シネマキャッツ配給協力)
  • 製作国:フランス(1958)

■スタッフ

監督 フランソワ・トリュフォー (Francois Truffaut) ジャン=リュック・ゴダール (Jean-Luc Godard)
製作総指揮 ロジェ・フレイトゥ (Roger Fleytoux)
製作 ピエール・ブロンベルジェ (Pierre Braunberger)
撮影 ミシェル・ラトゥーシュ (Michel Latouche)
字幕 岡枝慎二 (Shinji Okaeda)

■キャスト

俳優名 役名
ジャン・クロード・ブリアリ (Jean Claude Brialy)  les_cousins
Caloline Dim (Caloline Dim)  不明

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!