映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • SF最後の巨人

    (原題:The Ultimate Warrior)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

バロン(マックス・フォン・シドー)は、ニューヨークの中心部にあるコミューンのリーダー。時は20世紀を終え、21世紀に入っていたが、世界は古代へ向かって逆戻りしていた。猛烈な疫病が世界中を襲い、人類の殆どが死滅していたのだ。バロンのコミューンでは数十人の生存者が肩を寄せ合い、ひもじさに耐えながら生きていた。一歩ここから出れば原始人のような兇悪な人間たちが徘徊し、たちどころに人肉にされてしまうのだ。カーソン(ユル・ブリンナー)は集落のために雇われた用心棒で、集落への侵入者は容赦なく殺す殺し屋だった。やがて彼の最大の敵として、少し離れた集落を指揮するキャロット(ウィリアム・スミス)が大きく浮かび上がってくる。バロンの集落のカル(リチャード・ケルトン)という男が新しい種子を見つけそれが収穫を待つばかりに成育していたからだ。その頃、バロンの娘メリンダ(ジョン・マイルズ)が身ごもり、バロンの頼みでカーソンがどこか安全な場所に移すことになった。バロンはカーソンに古い地下鉄の地図を渡し、地下道を通ってニューヨークから脱出するよう指示した。ところが、サイラスというバロンの集落の人間がキャロットに寝がえり、2人の通る道や彼が種子をもっていることなどをバラしてしまった。早速キャロットは手下を連れ地下道へもぐり込んだ。その頃地下道ではメリンダの陣痛が始まり男の子を産み落とした。既に追っ手が迫っていたために、彼はメリンダを引き込み線に隠し、群らがる敵を1人1人倒していき、キャロットとの1対1の対決が始まった。旗色の悪くなったキャロットは鋼鉄線をカーソンの手首にまきつけたが、同時に自分も足をすべらせて深い穴に落ちた。穴底には餓えたネズミが群れをなし、えさを待ち構えていた。カーソンは穴に落ちまいとふんばるが、鋼鉄線をはずすことは出来なかった。カーソンは斧をふり上げ思いきって、自分の手首をたたき斬った。キャロットはまっさかさまにネズミの群れの中に落下していった。カーソンはメリンダを連れて、再び旅立っていった。(ワーナー・ブラザース映画配給1時間34分)



■解説

疫病のために殆どの動植物が絶滅した2003年のニューヨークを舞台に、僅かに生き残った人間同士の弱肉強食の戦いを描く。製作はフレッド・ワイントローブとポール・ヘラー、監督は「燃えよドラゴン」のロバート・クローズ、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はジル・メレ、編集はマイケル・カーンが各々担当。出演はユル・ブリンナー、マックス・フォン・シドー、ジョアンナ・マイルズ、ウィリアム・スミス、リチャード・ケルトン、スチーブン・マックハッティなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1974年作品。

  • 1976年4月10日 より

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:アメリカ(1974)

■スタッフ

監督 ロバート・クローズ (Robert Clouse)
脚本 ロバート・クローズ (Robert Clouse)
製作 フレッド・ワイントローブ (Fred Weintraub) ポール・ヘラー (Paul Heller)
撮影 ジェラルド・ハーシュフェルド (Gerald Hirschfeld)
音楽 ジル・メレ (Gil Melle)
編集 マイケル・カーン (Michael Kahn)
字幕 高瀬鎮夫 (Shizuo Takase)

■キャスト

俳優名 役名
ユル・ブリンナー (Yul Brynner)  Carson
マックス・フォン・シドー (Max Von Sydow)  Baron
ジョアナ・マイルズ (Joanna Miles)  Melinda
ウィリアム・スミス (William Smith)  Carot
リチャード・ケルトン (Richard Kelton)  Cal
スティーブン・マックハッティ (Stephen McHattie)  Robert

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!