映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • バロン

    (原題:The Adventures of Baron Munchausen)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

18世紀、トルコ軍占領下にあるドイツの海岸沿いの町。貧困と飢えに苦しむ人々であふれた崩れかけた城壁の中の廃墟と化した小さな町のロイヤル劇場の舞台に、バロン・ミュンヒハウゼン(ジョン・ネヴィル)は突然姿を現わした。彼は、トルコ軍は自分を探していると語り、なぜトルコ軍に追われるはめになったかを話し始めるが、あまりにも荒唐無稽で、誰にも相手にされない。落胆するバロンであったが、空想好きの10才の少女サリー(サラ・ポリー)に励まされ、トルコ軍をやっつける約束をする。そこで彼はまず最初に、かつて一緒に戦った不思議な力を持つ四人の仲間達を集めるために、絹の下着で作った巨大気球に乗ってサリーと共に旅を始めるのだった。頭と胴体が別の意志を持つ月の王のもとで世界一の足の速いバート・ホールド(エリック・アイドル)を、地底の神ヴァルカン(オリヴァー・リード)が支配する火山の国で怪力の持ち主アルブレヒト(ウィンストン・デニス)を、巨大魚の中で鉄砲の名手アドルファス(チャールズ・マッケオン)と、どんな遠くのどんな小さな音も聞こえ、すごい肺活量の持ち主グスタヴァス(ジャック・パーヴィス)をそれぞれ助け出すが、四人ともすっかり老け込んで昔の力を失っていた。またバロンの背後にも死神の影が常につきまとうようになっていた。六人は何とか町の海岸にたどりつくが、トルコ軍の攻撃は一層激しくなってきており、バロンは意を決し、トルコ国王に会見を求め、事の決着をつけようと試みるが、実は……。



■解説

18世紀の伝説的人物バロン・ミュンヒハウゼンの活躍を描くファンタジー・アドヴェンチャー。エグゼキュティヴ・プロデューサーはジェイク・エバーツ、製作はトーマス・シューリー、監督・脚本は「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアム、共同脚本はチャールズ・マッケオン、撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽は「ダイ・ハード」のマイケル・ケイメンが担当。出演はジョン・ネヴィル、エリック・アイドルほか。

  • 1989年6月24日 より

  • 配給:コロムビア
  • 製作国:イギリス(1989)

■スタッフ

監督 テリー・ギリアム (Terry Gilliam)
脚本 テリー・ギリアム (Terry Gilliam) チャールズ・マッケオン (Charles McKeown)
製作総指揮 ジェイク・エバーツ (Jake Eberts)
製作 トーマス・シューリー (Thomas Schuhly)
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ (Giuseppe Rotunno)
美術 ダンテ・フェレッティ (Dante Ferretti)
音楽 マイケル・ケイメン (Michael Kamen)
編集 ピーター・ハリウッド (Peter Hollywood)
特殊効果 リチャード・コンウェイ (Richard Conway)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
ジョン・ネヴィル (John Neville)  Baron Munchausen
エリック・アイドル (Eric Idle)  Desmond/Berthold
サラ・ポーリー (Sarah Polley)  Sally Salt
オリヴァー・リード (Oliver Reed)  Vulcan
チャールズ・マッケオン (Charles McKeown)  Rupert/Adolphus
ウィンストン・デニス (Winston Dennis)  Bill/Albrecht
ジャック・パーヴィス (Jack Purvis)  Jeremy/Gustavus
ヴァレンティナ・コルテーゼ (Valentina Cortese)  Queen Ariadne/Violet
ジョナサン・プライス (Jonathan Pryce)  Horatio Jackson
ビル・パターソン (Bill Paterson)  Henry Sult
ユマ・サーマン (Uma Thurman)  Venus/Rose

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!