映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 007/リビング・デイライツ

    (原題:The Living Daylights)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

欧州での東西の情報戦が熾烈を極めるなか、KGB高官コスコフ将軍(ジェローン・クラッペ)が亡命を望んでることを知ったボンド(ティモシー・ダルトン)は、チェコに飛んで、計画を実行。美しきチェリストのカーラ(マリアム・ダボ)の妨害にあうが、亡命は成功。英国に渡ったコスコフは、M(ロバート・ブラウン)と国防大臣(ジェフリー・キーン)に西側スパイ暗殺計画の情報を提供。KGB現長官プーシキン(ジョン・リス・デイヴィス)が指揮するその計画を阻止するために、ボンドはタンジールに向かった。むろん、ミス・マネーペニー(キャロライン・ブリス)やQ(デスモンド・ルウェリン)のはげましと、助力(秘密兵器)を得てだ。ウィーンでカーラと出会い、彼女がKGBに追われているのを知るボンドは、英国より脱出したコスコフが国際的武器商人ウイティカー(ジョー・ドン・ベイカー)とつながりがあるのをつきとめる。ダイヤと麻薬をさばいて巨額の富をきずいていた彼ら。プーシキンとボンドは手を組み、一計をはかるが、ボンドとカーラはつかまり、ウイティカーらにアフガニスタンに連行される。しかし、反共ゲリラに助けられたボンドらは、ウイティカーの計画−−欧州最大大麻産出地帯よりの五千万ドル、五千キロの麻薬取引きを阻止する。陸から空ヘの大攻防戦の末、かくして、悪党どもの計画はつぶれ、ボンドのスーパー・ヒーローぶりが改めてみとめられるのだった。



■解説

英国情報員ジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第15弾。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン、監督は「007/美しき獲物たち」のジョン・グレン、原作はイアン・フレミング、脚本はリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はジョン・バリーが担当。主題歌はA・H・Aが唄っている。出演は四代目ボンドにティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジョー・ドン・ベイカーほか。

  • 1987年12月12日 より

  • 配給:UA=UIP
  • 製作国:イギリス(1987)

■スタッフ

監督 ジョン・グレン (John Glen)
脚本 リチャード・メイバウム (Richard Maibaum) マイケル・G・ウィルソン (Michael G. Wilson)
原作 イアン・フレミング (Ian Fleming)
製作 アルバート・R・ブロッコリ (Albert R. Broccoli) マイケル・G・ウィルソン (Michael G. Wilson)
撮影 アレック・ミルズ (Alec Mills)
美術 ピーター・ラモント (Peter Lamont)
音楽 ジョン・バリー (John Barry)
編集 ジョン・グローヴァー (John Grover) ピーター・デイヴィス (Peter Davies)
特殊効果 ジョン・リチャードソン (John Richardson)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
ティモシー・ダルトン (Timothy Dalton)  James Bond
マリアム・ダボ (Maryam D'Abo)  Kara Milovy
ジョー・ドン・ベイカー (Joe Don Baker)  Brad Whitaker
アート・マリク (Art Malik)  Kamram Shah
ジェローン・クラッペ (Jeroen Krabbe)  General Georgi Koskov
アンドレアス・ウィスニュースキー (Andreas Wisniewski)  Necros
ジョン・ライス=デイヴィス (John Rhys-Davies)  General Leonid Pushkin
トーマス・ウィートレイ (Thomas Wheatley)  Saunders
デズモンド・ルウェリン (Desmond Llewelyn)  Q
ロバート・ブラウン (Robert Brown)  M
ジョン・テリー (John Terry)  Felix Leiter
キャロライン・ブリス (Caroline Bliss)  Miss Moneypenny
ジェフリー・キーン (Geoffrey Keen)  Minister of Defence

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!