映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団

    (原題:The 6 Ultra Brothers vs. the Monster Army)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

突然、太陽の活動が激しくなり、燃えさかる炎となって、地球に接近し始めた。焼けるような太陽が降りそそぐタイ国の寺院の広場では、伝説の白猿ハヌマーンのお面をかぶった少年コチャンと友達のアナンダ2人による雨乞いの踊りが行なわれていた。ちょうどそのころ、ドーナ第七ロケット基地においても、地球の異常事態を救うため、ヴイルット博士の人工雨の実験準備が進められていた。しかし、その踊りが最高潮になったとき、三人の盗賊が寺院に侵入し、黄金の仏像の首を奪い、立ちむかってきたコチャンを殺害して逃走した。宇宙の彼方、M78星雲、ウルトラの星でこの様子を見ていた、ウルトラの母と6兄弟は、勇気あるコチャンの死を哀しみ、そっと地球に手を差しのべ、コチャンの死体に“白猿ハヌマーン”の魂を招き与えた。ハヌマーンとなって地球に帰ってきたコチャンは、3人の盗賊に復讐し、日射病によくきくサンユラントリチャワーの花を探した。一方、人工雨の実験の最中に、大爆発がおこり、それで発生した地震のために、大岩盤が2つに割れ、その下で眠っていた怪獣、ゴモラ、アストロモンス、ダストパン、タイランド、ドロボンらが姿を現わし、基地一帯を破壊し始めた。この時、サッソウとハヌマーンが現われ、5頭の怪獣を相手に戦いがはじまった。そこへM78星雲から、ウルトラ6兄弟のゾフィ、ウルトラマン、セブン、新マン、エース、タロウが飛来してきて、怪獣を全滅させた。太陽はすっかり静まり、地球には再び平和がもどるのだった。



■解説

タイの伝説の神の命を与えられた少年とウルトラ6兄弟が、人工雨ロケット発射失敗から起こった大地震で現われた5頭の怪獣を退治するという怪獣映画。脚本は若槻文三、淡豊明、ソンポート・SAEGDUENCHAI、監督はテレビ出身の東條昭平。撮影は町田敏行がそれぞれ担当。

  • 1974年3月17日 より

  • 配給:富士映画
  • 製作国:タイ 日本(1974)

■スタッフ

監督 東條昭平 (Shohei Tojo)
特撮監督 佐川和夫 (Kazuo Sagawa)
脚本 若槻文三 (Bunzo Wakatsuki) 淡豊明 ソンポート・SAEGDUENCHAI
製作 円谷皐 (Noboru Tsuburaya) ソンポート・SAEGDUENCHAI 伊藤久夫 (Hisao Ito)
撮影 町田敏行 (Toshiyuki Machida)
美術 天沢哲三
照明 佐山五郎 (Goro Sayama)
編集 柳川義博 (Yoshihiro Yanagawa)
制作主任 川口秀雄
助監督 中島俊彦 (Toshihiko Nakajima)
記録 堀ヨシ子
特撮撮影 佐藤貞夫
特撮照明 鎌田靖男
特撮美術 島崎尭司

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!