映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 狂気の愛

    (原題:L'Amour Braque)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1986年、パリ。列車に乗っている二人の男。ハンガリーからやって来た一文無しのプリンス、レオン(フランシス・ユステール)と、強盗を働いてきた与太者ミッキー(チェッキー・カリョ)だ。二人は互いに親しみを感じる。ミッキーの目的は二つ。七年間の刑期を終えて出所した父親に出所祝いを用意することと、愛する女マリー(ソフィー・マルソー)を手に入れることだ。だが、マリーはパリの暗黒街を仕切っているヴナン兄弟に囲われている身だ。ミッキーとレオンはヴナン兄弟のアパルトマンを襲撃しマリーを奪還した。そして、ジルベール、エドガーとヴナン兄弟を殺し、残るのは兄弟の頂点に君臨するシモン一人。シモンの許にいるレオンのいとこアグレーは、レオンを救うべくマリーと取引きし、シモンを与太者たちに殺させる。ヴナン兄弟は全滅し、ミッキーとマリーの闘いは終わった。ミッキーはマリーを連れていき、アグレーはレオンをあずかった。だが、ミッキーはマリーが自分を愛していないことを知り、彼女を殺した。



■解説

ドストエフスキーの「白痴」をもとに、愛する女を手に入れるために暴力抗争に直面した男を主人公にしたヴァイオレンス・アクション。1985年のマドリッド映画祭主演女優賞(ソフィー・マルソー)。製作はアントワーヌ・ガナージュ、監督は「私生活のない女」のアンジェイ・ズラウスキ、撮影はジャン・フランソワ・ロバン、音楽はスタニスラが担当。出演はソフィー・マルソー、フランシス・ユステール、チェッキー・カリョほか。

  • 1987年11月28日 より

  • 配給:シネセゾン
  • 製作国:フランス(1985)

■スタッフ

監督 アンジェイ・ズラウスキ (Andrzej Zulawski)
脚本 Etienne Roda Gil (Etienne Roda Gil) アンジェイ・ズラウスキ (Andrzej Zulawski)
脚色 Etienne Roda Gil (Etienne Roda Gil) アンジェイ・ズラウスキ (Andrzej Zulawski)
原作 フョードル・M・ドストエフスキー (Fyodor M. Dostoevski)
製作 アントワーヌ・ガナージュ (Antoine Gannage)
撮影 ジャン=フランソワ・ロバン (Jean-Francois Robin)
美術 Dominique Andre (Dominique Andre)
音楽 スタニスラ (Stanislas)
録音 ギョーム・シアマ (Guillaume Sciama)
編集 マリー・ソフィー・デュビュ (Marie Sophie Dubus)
字幕 山崎剛太郎 (Gotaro Yamazaki)

■キャスト

俳優名 役名
ソフィー・マルソー (Sophie Marceau)  Marie
フランシス・ユステール (Francis Huster)  Leon
チェッキー・カリョ (Tcheky Karyo)  Mickey
クリスチアーヌ・ジャン (Christiane Jean)  Aglae
ミシェル・アルベルティーニ (Michel Albertini)  Andre
Serge Spira (Serge Spira)  Lebaron
ローラン・デュヴィラール (Roland Dubillard)  Le commissare
Said Amadis (Said Amadis)  Lecaid
ジャン・マルク・ボリー (Jean Marc Bory)  Simon Venin
ゲッド・マルロン (Ged Marlon)  Gilbert Venin
Julie Ravix (Julie Ravix)  Gisele

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!