映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ドリームチャイルド

    (原題:Dreamchild)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1932年4月。アリス・ハーグリイヴス夫人(コーラル・ブラウン)は、付添のルーシー(ニコラ・カウパー)と共に豪華客船に乗っていた。この80歳になる老婦人は、あの有名なルイス・キャロルが『不思議な国のアリス』を書くきっかけとなったアリス・リデルなのだ。彼女は、ルイス・キャロル生誕100年祭の記念行事で、コロンビア大学から名誉学位を受けるためニューヨークに向っていた。一方、ニューヨークでは、本物のアリスの登場に新聞記者たちも大騒ぎ。彼女を取材しようとする熱心な記者たちの中にはジャック・ドーラン(ピーター・ギャラガー)やキリー・マックソン(カリス・コーフマン)の顔もあった。夫人にコマーシャル出演の話をもって現われたジャックとの会話をかわすうち、アリスは、ルイス・キャロル、本名チャールズ・ドジソン先生(イアン・ホルム)とのことを思い出していた。それは1862年、オックスフォードでのあの「金いろの午後」−−。ママ(ジェーン・アッシャー)や姉妹たちとのテムズ川でのボート遊びの日。アリス(アメリア・シャンクリー)にそそがれる愛情のこもった先生の視線。彼はアリスに愛情をこめた手紙をいくつも書いていたが、それはママが燃やしてしまっていた。そのことを知っているアリス。そのボート遊びの時、ドジソン先生は、不思議な物語を話してくれた。どもりながらも必死に話すドジソン。それから一年、ドジソン先生は『不思議の国のアリス』の初版本をアリスに渡し、大人になっても大事にもっていて欲しいといった。−−自分の人生が終りに近づいていることを悟ったハーグリイヴス夫人は、やっと今、この時になってドジソン先生の愛に気がついたのだった。そんなころ、ジャックとルーシーが心を通わせていた。遂に記念すべきコロンビア大学の式典の日がやってきた。大講堂は、溢れんばかりの人々でうまり、夫人がスピーチを始めた。彼女は、ドジソン先生の物語を語る声を耳にしながら、瞳をうるませて感謝の言葉をのべるのだった。



■解説

『不思議な国のアリス』のモデルとなったアリス・リデルと原作者ルイス・キャロルの愛を描く。製作はリック・マッカラム、ケニス・トロッド。エグゼキュティヴ・プロデューサーはデニス・ポッター、ヴェリティ・ランバート。監督はこれがデビュー作のギャヴィン・ミラー。脚本はデニス・ポッター、撮影はジム・ヘンソン、音楽はスタンリー・マイヤーズ、クリーチャー・デザインはジム・ヘンソンが担当。出演はコーラル・ブラウン、イアン・ホルムほか。

  • 1986年11月22日 より

  • 配給:松竹富士
  • 製作国:イギリス(1985)

■スタッフ

監督 ギャヴィン・ミラー (Gavin Millar)
脚本 デニス・ポッター (Dennis Potter)
製作総指揮 デニス・ポッター (Dennis Potter) ヴェリティ・ランバート (Verity Lambert)
製作 リック・マッカラム (Rick McCallum) ケニス・トロッド (Kenith Trodd)
キャラクター・デザイン ジム・ヘンソン (Jim Henson)
撮影 ビリー・ウィリアムズ (Billy Williams)
音楽 スタンリー・マイヤーズ (Stanley Myers)
編集 Augus Mewton (Augus Mewton)
衣装デザイン ジェーン・ロビンソン (Jane Robinson)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
コーラル・ブラウン (Coral Browne)  Mrs. Hargreaves
イアン・ホルム (Ian Holm)  Rev. Charles Dodgson
ピーター・ギャラガー (Peter Gallagher)  Jack Dolan
カリス・コーフマン (Caris Corfman)  Sally Mackeson
ニコラ・カウパー (Nicola Cowper)  Lucy
ジェーン・アッシャー (Jane Asher)  Mrs Liddell
アメリア・シャンクリー (Amelia Shankley)  Little Alice
Ron Mueck (Ron Mueck)  Gryphon
スティーヴ・ウィットマイアー (Steve Whitmire)  Mock Turtle
Karen Prell (Karen Prell)  Dormouse
Michael Sundin (Michael Sundin)  March Hare

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!