映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ワンダー・アーム・ストーリー

    (原題:The Dark Backward)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

マーティ・モルト(ジャド・ネルソン)は売れないスタンダップ・コメディアン、今日も今日とて場末のクラブで全く受けないギャグを恐る恐る繰り出している。親友のガス(ビル・パクストン)だけは彼の才能を高く買ってくれるが、粗暴で調子のいい男、どこまで本気か分からない。二人はゴミ収集で生計を立てながら、より良い生活を夢見ている……少なくともマーティは。そんなある日、マーティの背中に小さな突起が。藪医者スカリー(ジェームズ・カーン)は、ろくな治療もせず、高い治療費をふんだくってマーティを突き返すが、突起は見る見る内に大きくなり、やがて1本の腕となった。恋人ロザリータ(ララ・フリン・ボイル)は逃げてしまい、困惑するマーティをよそに、“第三の腕”と自分のアコーディオンを使って新しい芸ができると狂喜するガス。しかしマーティのギャグそのものが向上していない以上、芸は相変わらず受けなかった。ところが、どういうわけか芸能エージェントのクローム(ウェイン・ニュートン)だけは2人の芸を絶賛する。彼の力でテレビ出演にこじつける2人だが、そこでもう一つの奇跡が起きた。ハリウッドのスカウトマン、デルタ(ロブ・ロウ)がマーティに目をつけたのだ。夢にまで見た成功。しかしハリウッド行きの朝、目覚めて見ると、マーティの背中から“腕”は消え去っていた。ガスはマーティを裏切って、ただ1人ハリウッドに旅だって行く。失意のマーティ。恋人だったロザリータももうそばにいない。独りぼっちのマーティはとぼとぼと昔のステージに戻っていく。自分のたどった悲劇をぼそぼそと語り始めるマーティ。そこにかすかに起こる笑い。それがマーティのギャグが初めて受けた瞬間だった。



■解説

突如背中から“第三の腕”が生えてきたコメディアンを見舞った悲喜劇をつづった、シュールなファンタジー・ドラマ。抱腹絶倒のサクセス・ストーリー……と思いきや、徹底してネガティヴな展開が逆に新鮮な感動を呼び起こす。監督・脚本は「ザ・チェイス」の俊英アダム・リフキンで、独特のオフ・ビート感覚が見どころ。製作はブラッド・ワイマンとカシアン・エルウェス、エグゼクティヴ・プロデューサーはランドルフ・ターロウとウィリアム・タルマッジ、撮影はジョーイ・フォーサイト、音楽はマーク・デイヴィッド・デッカー、編集はピーター・シンク、美術はシャーマン・ウィリアムス、特殊メイクはトニー・ガードナーとアルテリアン・スタジオがそれぞれ担当。出演は「ブレックファスト・クラブ」「シャナン・ドハーティー・イン・ボンデージ 殺人療法」のジャド・ネルソン、「アポロ13」のビル・パクストン、「スリーサム」のララ・フリン・ボイルのほか、「ゴッドファーザー」「ミザリー」のジェームズ・カーン、「バッド・インフルエンス 悪影響」のロブ・ロウ、『ハートにびんびん火をつけて』(V)、「ザ・チェイス」とリフキン作品の常連になっているクラウディア・クリスチャンら個性派が脇を固める。

  • 1995年8月18日 より

  • 配給:大映
  • 製作国:アメリカ(1991)

■スタッフ

監督 アダム・リフキン (Adam Rifkin)
脚本 アダム・リフキン (Adam Rifkin)
製作総指揮 ランドルフ・ターロウ (Randolf Turrow) ウィリアム・タルマッジ (William Talmadge)
製作 ブラッド・ワイマン (Brad Wyman) カシアン・エルウェス (Cassian Elwes)
撮影 ジョーイ・フォーサイト (Joey Forsyte)
美術 シャーマン・ウィリアムス (Sherman Williams)
音楽 マーク・デイヴィッド・デッカー (Marc David Decker)
編集 ピーター・シンク (Peter Schink)
字幕 太田直子 (Naoko Ota)
特殊メイク トニー・ガードナー (Tony Gardner)

■キャスト

俳優名 役名
ジャド・ネルソン (Judd Nelson)  Marty Malt
ビル・パクストン (Bill Paxton)  Gus
ウェイン・ニュートン (Wayne Newton)  Jackie Chrome
ララ・フリン・ボイル (Lara Flynn Boyle)  Rosarita
ジェームズ・カーン (James Caan)  Dr.Scurry
ロブ・ロウ (Rob Lowe)  Dirk Detta
クラウディア・クリスチャン (Claudia Christian)  Nurse

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!