映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 勇気あるもの

    (原題:Renaissance Man)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

エリート広告マンとして知られていたビル・レイゴー(ダニー・デヴィート)は会議に出席出来なかったために、会社を解雇されてしまう。職を探して、職業安定所に出向いたビルに紹介されたのは陸軍の落ちこぼれ兵士たちを教える国語の教師の職だった。娘に会っても、自分の気持ちを理解してもらえずビルは非難される。ビルは陸軍に赴き、落ちこぼれ兵士たちに会う。それはリーロイ(リチャード・T・ジョーンズ)を始めとして、8人のそれぞれに個性的な兵士たちだった。読書感想の授業では彼らはマンガについてしか話さなかったが、そんな中でビルは『ハムレット』の購読を始めようとする。しだいに『ハムレット』の内容を兵士たちは理解しはじめ、巡業公演にも参加する。そんな中、さまざまな事件のために管理役のマードック大尉(ジェームズ・レマー)を悩ませつつも、ビルもまた自信を取りもどし始め、娘にも贈り物をし、仲直りする。やがて卒業のときがやってくる。『ハムレット』から多くを学んだ、残った兵士たちも卒業パレードに参加していた。



■解説

落ちこぼれの新米兵士たちと、失業して軍隊の教師として派遣された男の交歓をコミカルなタッチで描いたヒューマン・ドラマ。監督は「プリティ・リーグ」のペニー・マーシャル、製作はサラ・コールトン、エリオット・アボット、ロバート・グリーンハット、エグゼクティヴ・プロデューサーはペニー・マーシャルとバズ・フェイシャンズの共同。脚本はジム・バーンスタイン、撮影は「ジュニア」の名手アダム・グリーンバーグ、音楽は「トゥルー・ロマンス」のハンス・ジマー、美術はジョフリー・カークランド、編集はジョージ・ボワーズとバトル・デイヴィスがそれぞれ担当。主演は「ホッファ」のダニー・デヴィート。共演は「タップ」のグレゴリー・ハインズ「コットンクラブ」のジェームズ・レマー、「まごころを君に」のクリフ・ロバートソン、「ブロンクス物語 愛に包まれた街」のリロ・ブランカート・ジュニア、「モー・マネー」のステイシー・ダッシュ、「ガンメン」のカディーム・ハーディソン、「TINA/ティナ」のリチャード・T・ジョーンズほか。

  • 1995年1月28日 より

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:アメリカ(1994)

■スタッフ

監督 ペニー・マーシャル (Penny Marshall)
脚本 ジム・バーンスタイン (Jim Burnstein)
製作総指揮 ペニー・マーシャル (Penny Marshall) バズ・フェイシャンズ (Buzz Feitshans)
製作 サラ・コールトン (Sara Colleton) エリオット・アボット (Elliot Abbott) ロバート・グリーンハット (Robert Greenhut)
撮影 アダム・グリーンベルグ (Adam Greenberg)
美術 ジェフリー・カークランド (Geoffrey Kirkland)
音楽 ハンス・ジマー (Hans Zimmer)
編集 ジョージ・ボワーズ (George Bowers) バトル・デイヴィス (Battle Davis)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
ダニー・デヴィート (Danny DeVito)  Bill Rago
グレゴリー・ハインズ (Gregory Hines)  Sergeant Cass
クリフ・ロバートソン (Cliff Robertson)  Colonel James
ジェームズ・レマー (James Remar)  Captain Murdoch
リロ・ブランカート・ジュニア (Lillo Brancato Jr.)  Donnie Benitez
ステイシー・ダッシュ (Stacey Dash)  Miranda Myers
カディーム・ハーディソン (Kadeem Hardison)  Jamaal Montgomery
リチャード・T・ジョーンズ (Richard T. Jones)  Jackson Leroy

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!