映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 42丁目のワーニャ

    (原題:Vanya on the 42nd Street)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。



■解説

アンドレ・グレゴリー演出によるチェーホフの『ワーニャ伯父さん』の通し稽古を、稽古のままフィルムに納めながら、そこに既存の映画・演劇の枠を越えた人間のドラマを映し出す演劇ドキュメンタリー。監督は「死刑台のエレベーター」「ダメージ」の才人ルイ・マルで、95年死去した彼の遺作となった。本作の収録版は、アンドレ・グレゴリーのために「摩天楼を夢みて」の劇作家/映画監督のデイヴィッド・マメットが現代的な解釈を加えて脚色した台本を用いて、89年から延べ4年に渡ってリハーサルが続けられたものだが、正式の舞台公演はされていない。マルは91年にこの通し稽古を見て映画化を思い立ち、94年5月に実現した。マルは『My Dinner with Andre』(81)でグレゴリーとウォーレス・ショーンの対話劇を取り上げており、二人はそれ以来の友人。撮影は「リービング・ラスベガス」のデクラン・クイン、美術はユージン・クイン、編集はナンシー・ベイカー。音楽は著名なジャズ・サックス奏者デューイ・レッドマンの息子であるジョシュア・レッドマン。出演は、「最後の誘惑」など映画出演もあるアンドレ・グレゴリーが演出家、その俳優たちに「ミセス・パーカー 〜ジャズエイジの華〜」のウォーレス・ショーン、このリハーサルを見たロバート・アルトマンにより「ショート・カッツ」に配役されたジュリアン・ムーア、「羊たちの沈黙」のブルック・スミスなど、ブロードウェイを中心にアメリカ演劇で活躍する名優たちが顔を揃える。

  • 1996年11月23日 より

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(1994)

■スタッフ

監督 ルイ・マル (Louis Malle)
舞台演出 アンドレ・グレゴリー (Andre Gregory)
舞台版脚色 デイヴィッド・マメット (David Mamet)
原作 アントン・チェーホフ (Anton Chekhov)
撮影 デクラン・クイン (Declan Quinn)
美術 ユージン・クイン (Eugene Quinn)
音楽 ジョシュア・レッドマン (Joshua Redman)
編集 ナンシー・ベイカー (Nancy Baker)
字幕 太田直子 (Naoko Ota)

■キャスト

俳優名 役名
ウォーレス・ショーン (Wallace Shawn)  Vanya/As Himself
ジュリアン・ムーア (Julianne Moore)  Elena/As Herself
フィービー・ブランド (Phoebe Brand)  Nanny/As Herself
リン・コーエン (Lynn Cohen)  Maman/As Herself
ラリー・パイン (Larry Pine)  The Doctor/As Himself
ジョージ・ゲインズ (George Gaynes)  The Professor/As Himself
ブルック・スミス (Brooke Smith)  Sonya/As Herself
ジェリー・メイヤー (Jerry Mayer)  Waffles/As Himself
アンドレ・グレゴリー (Andre Gregory)  As Himself
マドハール・ジャフリー (Madhur Jaffrey)  Madame Chao

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!