映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • バラ色の選択

    (原題:For Love or Money)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

マンハッタンの一流ホテルに勤めるダグ・アイルランド(マイケル・J・フォックス)は、やり手のコンシェルジュ(接客係)。仕事一筋の彼には、自分のホテルを持つという大きな夢があった。すでに物件を見つけ、大枚をはたいて2年間の権利を購入。あとは出資者を見つけるだけだ。ある日、クリスチャン・ハノーヴァー(アンソニー・ヒギンズ)という大富豪が現れ、愛人との浮気用の部屋を提供すれば、企画書に目を通してやるという。ダグはさっそくスイートルームを用意するが、そこへ現れたのは彼が秘かに思いを寄せる香水店の店員アンディ(ガブリエル・アンウォー)だった。ダグはいつになく落ちつかない。ここでクリスチャンの不興を買っては元も子もないし、例の不動産購入資金に関して、国税庁からドリンクウォーター(ボブ・バラバン)という男が派遣されているのも気がかりだった。クリスチャンが出資を快諾した。ダグは彼の命令で、多忙で行けない彼の代わりに、アンディに会いに行く。働きながらミュージカル・スターを夢見る彼女のひたむきさに、ダグはますます好感を覚えた。出資者への義理とアンディをいとおしむ思いとの間で、ダグは激しく揺れ動く。ついにクリスチャンから契約書を受け取ったダグ。しかしその時、クリスチャンから、アンディとはただの遊びだとはっきり言われる。当の彼女は、クリスチャンは自分と結婚してくれるものだと信じて、イタリア旅行に出掛けようとしている。抑えていたアンディへの愛が一挙に吹き上げてくるダグ。そのころ、イタリア旅行へ向かう車の中でアンディは、クリスチャンが例のホテルの権利をだまし取ろうとしているのを知る。彼女の心の中にもダグへの愛がはっきりと形になって現れた。夢を捨ててでも彼女を救おうと必死で2人の乗った車を追いかけるダグ。結婚をあきらめてでも、ダグを救おうと車から飛び下りるアンディ。マンハッタンの真ん中で2人はようやくめぐり合えた。



■解説

自分の夢の実現を前に、愛か金かの選択を迫られるホテルマンの悲喜劇。「アダムス・ファミリー」で監督デビューしたキャメラマン出身のバリー・ソネンフェルドの第二作。製作は「遥かなる大地へ」のブライアン・ブレイザー。エグゼクティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・T・フレンドリー。脚本は「逃亡者(1993)」のコンビ、マーク・ローゼンタールとローレンス・コナー。撮影は「ダイ・ハード2」のオリヴァー・ウッド。音楽は「ナイルの宝石」のブルース・ブロートンがそれぞれ担当。主演は「ライフwithマイキー」のマイケル・J・フォックス。共演は「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のガブリエル・アンウォー、「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」のアンソニー・ヒギンズ、「ラジオ・デイズ」のブライアン・タッカー、「2010年」のボブ・バラバンら。ファッションデザイナー役で本職の人気デザイナー、アイザック・ミズラヒが映画初出演。

  • 1993年12月18日 より

  • 配給:ユニヴァーサル映画=UIP
  • 製作国:アメリカ(1993)

■スタッフ

監督 バリー・ソネンフェルド (Barry Sonnenfeld)
製作 ブライアン・グレイザー (Brian Grazer) デイヴィッド・T・フレンドリー (David T. Friendly)
撮影 オリヴァー・ウッド (Oliver Wood)
美術 ピーター・ラーキン (Peter Larkin)
音楽 ブルース・ブロートン (Bruce Broughton)
編集 ジム・ミラー (Jim Miller)
衣装デザイン スーザン・ライヤル (Susan Lyall)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
マイケル・J・フォックス (Michael J. Fox)  Doug Ireland
ガブリエル・アンウォー (Gabrielle Anwar)  Andy Hart
アンソニー・ヒギンズ (Anthony Higgins)  Christian Hanover
マイケル・タッカー (Michael Tucker)  Wegman
ボブ・バラバン (Bob Balaban)  Drinkwater
アイザック・ミズラヒ (Issac Mizrahi)  Julian Russell

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!