映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 21世紀の資本

  • 公開中

トマ・ピケティのベストセラーを映画化

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ピケティは、時はフランス革命に遡り、植民地主義、世界大戦、数々のバブル、大恐慌、オイルショック、リーマンショックなど、300年に渡る歴史の中で社会を混沌とさせた出来事と経済の結びつきを紐解いていく。如何にして我々は経済の負のスパイラルから抜け出せるのか?ピケティを始め、ノーベル経済学受賞のジョセフ・E・スティグリッツ、ジリアン・ラット、イアン・ブレマー、フランシス・フクヤマ他世界をリードする経済学者が集結。



■解説

700ページを超える原作本とは異なり、映画版『21世紀の資本』は『ウォール街』『プライドと偏見』『レ・ミゼラブル』『ザ・シンプソンズ』『エリジウム』などの映画や小説などをふんだんに使い、過去300年に渡る世界各国の歴史を”資本”の観点から切り取ってみせる。世の中が成熟すると資本主義は平等になる、というクズネッツの定説をひっくり返した原作者トマ・ピケティは、「現代は第一次世界大戦前の不平等な時代に戻ってしまっている」と警鐘を鳴らす。ピケティとの共同作業で、ニュージーランドを代表を代表するヒット監督ジャスティン・ペンバートンが、日本でも大きな社会問題となっている「格差社会」の真相を分かりやすく描く。

  • 2020年3月20日 より 新宿シネマカリテほか全国にて順次公開

  • 配給:アンプラグド
  • 製作国:フランス=ニュージーランド(2019)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (全国で2館)

■スタッフ

監督 ジャスティン・ペンバートン
原作 トマ・ピケティ

■キャスト

俳優名 役名
トマ・ピケティ 
ジョセフ・E・ステイグリッツ 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!